CIのビジネスで台北より帰国。 - チャイナエアライン(中華航空) 口コミ・評価

航空会社 チャイナエアライン(中華航空)

1993年09月15日に撮影されたチャイナエアライン(中華航空)の航空機写真

© パール大山さん

チャイナエアラインは1959年12月16日、運航を開始しまし...
台湾
IATA | ICAO
CI | CAL
アライアンス
スカイチーム

搭乗レビュー
CIのビジネスで台北より帰国。

航空会社
チャイナエアライン
便名
CI106
ビジネス
搭乗日
2014/12
路線
桃園(台北) → 成田(東京)
機体記号
B-18315
機材
Airbus A330-302
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
4ッ星
トイレ・洗面台
3ッ星
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
959
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    台北桃園国際空港の出発ロビー内CIラ... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
    A330-300のシェル型ビジネスシ... 続き
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    モニターは大きめだが、シートを倒すと... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    和食、ビーフ、ポークからポークをチョ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    復路は追い風のため往路より1時間以上... 続き

総評

復路の機材は、エアバスA330-300。エンジンはGE-CF6-80CE×2基。往路の747-400と比較して機材は歴然と新しく、シートも進化が感じられます。
出国時の台北桃園国際空港は、中国本土からの傍若無人の中国人旅行者で相当の喧騒でした。彼らは出国審査を待つ列にも平気で割り込んでくるし、大声でわめき散らすしゴミは床に捨てるしで、マナーは相変わらず最悪。彼らの出国便も多いせいか離陸時も離陸機がかなり混雑し、我々の搭乗機も定刻より50分位遅延でやっと飛び立つ有様でした。そういうことも起因し現地(台湾)人は中国人を嫌悪しているとか。そういえばホテルの朝食時も中国人が多く、朝から大声で騒いでいるし料理を取る列にも強引に割り込んでくるしで自己チュー的人種です。同じ漢民族なのに道徳教育をしないとこうなるという典型です。

《シート》フルフラットにはならないが、いろんな姿勢が電動で調節でき、座り心地はかなりgood。
《機内食》事前にCAが、和食orビーフorポークと飲み物の注文を取る。今回はポークをチョイス。まあまあのお味でした。ニュージーランド産の白ワインがかなり甘かったので、お替わりはフランス産赤ワインを注文。
《CA》担当CAは陳彗玲さん。(フライトログにサインして頂きました)ワインのお替りを迅速に運んで頂きました。かなりの美人で好印象。
《エンタ》747-400と比較するとジャンルも選択肢も多かったが、飛行時間が短時間のため十分堪能できず残念。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号
8J
搭乗クラス
ビジネス
出発予定時刻
16:20
搭乗時刻
15:50
出発時刻
17:10
飛行高度
11984m
飛行速度
1083km/h

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く