お酒は冷たいドンペリがいい ♪ キャビアにはレモンを垂らせばいい ♪ ステーキは柔らかい方がいい.... - エミレーツ航空 クチコミ

メンバー評価
国|コード
アラブ首長国連邦 | IATA : EK | ICAO : UAE
FFP
スカイワーズ
ホームページ
エミレーツ航空 日本語あり
Emirates 英語あり
香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]で撮影された香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]の航空機写真

Copyright © takaRJNSさん

お酒は冷たいドンペリがいい ♪ キャビアにはレモンを垂らせばいい ♪ ステーキは柔らかい方がいい....

航空会社:
エミレーツ航空
便名:
EK148
ファースト
搭乗日:
2019/05
路線:
アムステルダム → ドバイ
機体記号:
A6-EED
機材:
Airbus A380-861
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
5ッ星
トイレ・洗面台
5ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
5ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:400 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 搭乗前に共用ラウンジへ立ち寄りました。明るい... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 ラウンジでは軽食が提供されていました。豪華な... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) 1Aに着席。やはりA380の最前列は窓が一つ... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) シートの座り心地、横幅、奥行きなど何の不満も... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 大きなモニターはタッチ式ですが、相変わらず手... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 機内ではスリッパに履き替えてリラックスします... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ ノイズキャンセル付きのヘッドホンですが、音質... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク アラビックコーヒーとデーツの味にもすっかり慣... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク ドンペリは頼んでもいないのに、どんどん継ぎ足... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク ドンペリに合わせてカナッペを。見た目も味も上... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク キャビアにはレモンを垂らすだけで十分です。レ... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク スペアリブを頼みましたが、ちょっと脂身が多過... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 食後のデザートはチョコレートケーキ。甘すぎる... 続き>>
  • 写真の種類:機内ラウンジ ファーストクラス前方のラウンジ。誰も使った様... 続き>>
  • 写真の種類:機内ラウンジ 着陸前には急須と湯呑み茶碗がセットされていま... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) 食後に扉を閉めて個室感を味わいます。まぁ、ち... 続き>>
  • 写真の種類:機内ラウンジ 後部のビジネスクラスラウンジは、それなりに利... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) ビジネスクラスの搭乗率は8−9割ぐらいでしょ... 続き>>
  • 写真の種類:トイレ・化粧台 ファーストクラスの化粧室内はアメニティーがい... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 着陸前に小腹が空いたので、マッシュルームスー... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク スープと合わせてプリンも注文。夜中に食べ過ぎ... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 空港を半周するような形でRWY30Lへ着陸し... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 今回の機材は3クラス制。往路に乗ったエコノミ... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 乗り継ぎ客が多いので、夜中でも空港の免税店な... 続き>>

総評

往路のDXB/AMSでダウングレードに合ったものの、帰路のA380は3クラス制でひと安心。セキュリティー、出国審査を抜けて、ASPIREという共同ラウンジに。明るい室内からは間近に飛行機を眺められるが、食事は軽食のみ。ラウンジから搭乗口までは結構距離があるようなので、早めに滞在を切り上げた。

搭乗はすでに始まっていた。機体の2階に繋げられた搭乗橋を抜け、予約通りの1Aに案内された。深く腰を下ろす。ビジネスクラスとはやはり空間の奥行きが違う。

ファーストクラスは半分ほどの搭乗率。2人の非番のパイロットも乗り合わせていた。

ウエルカムドリンクにシャンパンをもらい、合わせてアラビックコーヒーとデーツももらう。味にはすっかり慣れた。予定時刻を多少過ぎてドアが閉まり滑走路へ。道路を横切り、緑豊かな畑が広がる西方へ進んでいった。

西端にあるRWY36Lから離陸。機体にカメラを向けるご同輩の姿がたくさん見えた。多分いい撮影ポイントなのだろう。天気も太陽の向きも申し分ないし、良い写真が撮れてるかな?

水平飛行に移り機内サービス開始。この1か月で5回目の搭乗ともなると、贅沢なものだが最初のドキドキ感は薄れてきた。身の丈に合ってないのも承知の上で、サービスを受ける。ドンペリを何杯か継ぎ足され少々酔った。

順調に飛行は続き、欧州から黒海を抜けてトルコへ。イラクとの狭い国境を狙いすましたように過ぎてクウェート、ペルシャ湾へ。小腹がすいたので、着陸前にスープと甘いものを。

窓の外の漆黒のペルシャ湾が、宝石を散りばめたような景色に変わった。北西から進入した機体は一旦空港を通り過ぎてから反転し、RWY30Lに着陸。予定より1時間近くの遅れで、時計の針は日にちが変わっていた。

3回目のドバイ空港着陸で今回が初めての入国になった。

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

Recommend おすすめコンテンツ

エミレーツ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加