マイルズ&モア、2021年1月搭乗分からステータス獲得システムを変更 | FlyTeam ニュース

ルフトハンザ・グループのLCC、2015年10月にブランド変更

メンバー評価
国|コード
ドイツ | IATA : EW | ICAO : EWG
FFP
マイルズ & モア
親会社
ルフトハンザドイツ航空
ホームページ
Eurowings 英語あり
スワンナプーム国際空港 - Suvarnabhumi International Airport [BKK/VTBS]で撮影されたスワンナプーム国際空港 - Suvarnabhumi International Airport [BKK/VTBS]の航空機写真

Copyright © tsubameさん

マイルズ&モア、2021年1月搭乗分からステータス獲得システムを変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: マイレージ
ニュース画像 1枚目:ルフトハンザドイツ航空

ルフトハンザドイツ航空

ルフトハンザ・グループは2021年1月1日(金)搭乗分から、マイレージプログラムのシステムをより簡略化します。フライトやショッピングなどで獲得できる通常の「アワードマイル」に変更はなく、ステータス獲得に向けたプログラムが変更となります。

現在、ルフトハンザ・グループのマイレージプログラム「マイルズ&モア」は、「アワードマイル」に加え、ステータス獲得のためのマイル「ステータスマイル」、HON Circleステータスを獲得するマイル「HON Circle マイル」と、様々な「マイル」が存在します。これらの「ステータスマイル」「HON Circle マイル」がポイント制に変更します。

獲得ポイントは、搭乗クラスと大陸内路線または大陸間路線の基準でのみ決定され、ポイント数はすべての会員が同じとなります。大陸内路線のフライトは、エコノミーとプレミアムエコノミーが5ポイント、ビジネスとファーストが10ポイント、大陸間路線のフライトは、エコノミーが15ポイント、プレミアムエコノミーが20ポイント、ビジネスが50ポイント、ファーストが70ポイントです。なお、「大陸間路線」は、日本/ヨーロッパ間など、出発空港と到着空港が異なる大陸にあるフライト区間を指します。

ポイントはこれまで同様、全てのスターアライアンス加盟航空会社で獲得できますが、「フリークエント トラベラー」「セネター」「HON Circle会員」になるため、オーストリア航空、ルフトハンザドイツ航空、スイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)、またマイルズ&モアの提携航空会社である、ブリュッセル航空、ユーロウイングス、エア・ドロミティ、クロアチア航空、LOTポーランド航空、ルクスエアを利用した際に付与される「ステータスに関連するポイント」を一定数獲得する必要があります。

「フリークエント トラベラー」ステータス獲得には、1暦年ごと160ポイント必要ですが、このうち最低80ポイントは「ステータスに関連するポイント」での獲得が条件です。「セネター」は480ポイントが必要で、最低240ポイントは「ステータスに関連するポイント」が必要です。また、「HON Circle会員」は、通常のポイントは関係なく、「ステータスに関連するポイント」1,500ポイントのみが必要で、現在とは異なり、エコノミーやプレミアムエコノミーのフライトの利用も対象となります。

このほか、長年にわたり「ステータスに関連するポイント」を7,500ポイント獲得した場合、「ライフタイム・フリークエント トラベラー」のステータスが付与されるほか、ポイントを獲得し続けて「ステータスに関連するポイント」を10,000ポイント獲得、最低でも10暦年の間セネターまたはHON Circle 会員を保持し続けた場合に「ライフタイム・セネター」のステータスが付与されます。

ルフトハンザ・グループは分かりやすいポイントシステムに変更し、提携航空会社を利用する搭乗者により多くのメリットを提供します。なお、マイルズ&モアの公式サイトでは、対象フライト数を入力すると、獲得できる「ポイント」と「ステータス取得ポイント」数が確認できます。

期日: 2021/01/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

ユーロウイングスの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加