利用機のダイヴァートで70分遅れで出発。マヨルカ島からの帰路 - ユーロウイングス 搭乗記(レビュー)・写真

航空会社 ユーロウイングス

2023年09月18日に撮影されたユーロウイングスの航空機写真

© dave_0402さん

ユーロウイングスは、リージョナル路線を運航する3社が合併、1...
ドイツ
IATA | ICAO
EW | EWG

搭乗レビュー
利用機のダイヴァートで70分遅れで出発。マヨルカ島からの帰路

航空会社
ユーロウイングス
便名
EW1993
エコノミー
搭乗日
2022/12
路線
パルマ・デ・マリョルカ → ミュンヘン
機体記号
OE-IEU
機材
Airbus A320-214
総評:3
3ッ星
口コミ投稿者
gomaさん
アクセス数
395
投稿日
2022/12/31

総評

本来の出発時間から70分遅れで出発することになりました。理由は使用機材が1つ前の便でフランスのニースにダイヴァートして緊急着陸をしたためであり、緊急着陸の理由の説明は機長からはありませんでした。当日はクリスマスイヴと言うこともあり、ドイツ人は普通は移動を控えますので行きの便と違い帰りは直行便を予約することができ、A320はたったの乗客23人での運行。どのような席の配置になるのか楽しみにしてたのですが、予約では11列目の席3 × 3コンフィグの窓際だったのですが、23人しか乗客がいないにもかかわらず、僕の隣の2人席は埋まってます。たまたま非常口の席だったので、足元が多少広いために好意で指定してくれたのかもしれませんが、窮屈なのでキャビンアテンダントの方が非常時のプロシージャーを説明しに来た際に(備え付けのレバーを下げるだけなのですが)、出来ませんと伝えると席をあっさり前方の席へ移動させてくれました。何が悲しくてガラガラなのに3人の埋まった席に座らなければならないのか…たまたま非常席だったので、結果的には無料で席を指定することができました。ちなみに非常口の窓際は肘掛けが席にはついていなく、非常時取り外しできる壁に肘掛けのような突起物が出てました。おそらく避難時に邪魔になるからでしょう。飛行自体は快適で飛行経路は、イタリアの南チロル地方Bozenの上空を通過し、そのままミュンヘンの南東をかすめ西風運用の滑走路26Lに着陸。1時間遅れでミュンヘンに到着しました。
  • 写真の種類:出発空港での写真
    搭乗写真:出発空港での写真

    70分後で搭乗が開始されました

  • 写真の種類:座席(シート)
    搭乗写真:座席(シート)

    乗客はたったの23人です。搭乗は5分もかからず終了しました。

  • 写真の種類:座席(シート)
    搭乗写真:座席(シート)

    帰りの機材はオーストリア所属の320だったのですが、席の後ろに広告のシールが貼っていませんでした。

  • 写真の種類:機窓・風景
    搭乗写真:機窓・風景

    気温21度の中、島を離れます

  • 写真の種類:搭乗機(外観)
    搭乗写真:搭乗機(外観)

    スイスフランス国境近辺の山脈です。夕日できれいです。 

  • 写真の種類:搭乗機(外観)
    搭乗写真:搭乗機(外観)

    ミュンヘンの南東をかすめ26Lのファイナルへ

  • 写真の種類:機内設備・様子
    搭乗写真:機内設備・様子

    ファイナルは有事に備え、機内の照明を完全に落とします

メニューを開く