BOC、フィンエアーにA321ceo新造機を引き渡し 年末までにさらに5機 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
フィンランド | IATA : AY | ICAO : FIN
アライアンス
ワンワールド
FFP
フィンエアープラス
ホームページ
Finnair 英語あり
Finnair 日本語あり
Finnair Group 英語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © じーく。さん

BOC、フィンエアーにA321ceo新造機を引き渡し 年末までにさらに5機

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:フィンエアー A321

フィンエアー A321

BOCアビエーションは2017年2月24日(金)、フィンエアーとA321ceo新造機を6機、契約、この1機目を引き渡したと発表しました。契約した5機は2017年末までに納入される予定です。この6機分は全て、BOCがエアバスに発注済みの機材を引き渡しています。

BOCアビエーションは2001年にフィンエアーと初めて契約し、今回、再び新たな契約を締結したものです。フィンエアーはアジアへのネットワーク拡充を進めており、これに伴い、ヨーロッパ地域でのネットワーク拡充も進めており、その機材導入を進めています。

フィンエアーに引き渡しされた機材は、機体記号(レジ)「OH-LZM」で、座席数はビジネス、エコノミーを含め209席です。同社は現在、年10%の供給座席拡大を進めており、これに伴う新造機の導入となります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

フィンエアーの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加