今回の旅の最後のレグです - フィンエアー クチコミ

メンバー評価
国|コード
フィンランド | IATA : AY | ICAO : FIN
アライアンス
ワンワールド
FFP
フィンエアープラス
ホームページ
Finnair 英語あり
Finnair 日本語あり
Finnair Group 英語あり
中部国際空港 - Chubu Centrair International Airport [NGO/RJGG]で撮影された中部国際空港 - Chubu Centrair International Airport [NGO/RJGG]の航空機写真

Copyright © zibaさん

今回の旅の最後のレグです

航空会社:
フィンエアー
便名:
AY1405
ビジネス
搭乗日:
2019/03
路線:
ヘルシンキ(ヘルシンキ) → ミュンヘン
機体記号:
OH-LXI
機材:
Airbus A320-214
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:301 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 機齢は16歳エアバス A 320 200型さ... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 最前列でチョックアウト前の開いたドアから操縦... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 離陸後はちょっとした温かい料理がこの路線では... 続き>>

総評

ヘルシンキからミュンヘンまでの乗り継ぎは、東京便が定刻よりも10分ほど早く着き乗り継ぎに1時間半の余裕があります。ヘルシンキ空港の素晴らしいところは日本人でも自動化したパスコントロールの施設を使え、(MUCはEUパスポート保持者のみ利用可能です)しかも保安検査場が混んでいる割にサクサク進むのでストレスがありません。 欧州シェンゲン圏内用のフィンエアーラウンジは今回は多少席が空いてお、 残った時間で作業を進めながらフィンランド料理をつまみました。 搭乗は定刻通りで今回は最前列の通路側の席。機齢は16歳エアバス A 320 200型さんです。 離陸後はちょっとした温かい料理がこの路線では出るのですが 1ヶ月前と全く同じメニュー。( 長距離便もメニューが同じなのでしょうがないですね...)
ミュンヘンには定刻通りに西風運用の滑走路26Rに着陸し今回の旅も終了です。

Engines 2 x CFMI CFM56-5B4/P

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

Recommend おすすめコンテンツ

フィンエアーの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加