初フィンエアは、340だった - フィンエアー(フィンランド航空) 口コミ・評価

航空会社 フィンエアー(フィンランド航空)

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© ちゃぽんさん

IATA | ICAO
AY | FIN
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
初フィンエアは、340だった

航空会社
フィンエアー
便名
AY080
ビジネス
搭乗日
2011/03
路線
中部(名古屋) → ヘルシンキ
機体記号
OH-LQF
機材
Airbus A340-313X
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
2ッ星
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
5ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
163
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗機をゲート付近から見る、ありふれ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    ヘルシンキ・ヴァンター空港でのミュン... 続き

総評

ドイツ出張にはLH又はNHの利用が多かったが、(HEL乗り継ぎのため)飛行時間が短く楽で、航空券も安いAYの評判がじわじわと内輪で広まり、この時初めてフィンエアを利用してみた。2泊4日と短く、チェックイン・バゲージなしの身軽な移動で、楽ちんを追求してみようと思った。
搭乗機はA340だったが、さほど時間も経っていないトイレ利用時に手洗いシンクのドレインが効かず、水が溜まったままになったのには「まさか」の思いだった。すぐCAさんに告げるも反応は今ひとつで、ずっとこんな調子だった様子。それとエンタテイメントが非常にプアで、映画も音楽も(北欧系の?)分からないものだらけ。唯一気に入ったのが、その時初めて知った、小林香織さんのアルバム「Glow」。ひたすら繰り返し聞くうちに大ファンになり、帰国後早速CDを買うようになった。
出張の用件は簡単な内容だったが、時期が時期だけに、慣れない放射線関係の言葉や言い回しを、想定される会話を思い浮かべながら電子辞書片手に予習するなど、道中は忙しかった。
と、何かと印象に残る初フィンエア搭乗であった。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く