第一航空、日本初のツインオッター400のブルーとピンクの2機が到着 | FlyTeam ニュース

国|コード
日本 | ICAO : DAK
ホームページ
第一航空株式会社 日本語あり
八尾空港 - Yao Airport [RJOY]で撮影された八尾空港 - Yao Airport [RJOY]の航空機写真

Copyright © LOTUSさん

第一航空、日本初のツインオッター400のブルーとピンクの2機が到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:第一航空向け DHC-6-400ツインオッター ブルー塗装

第一航空向け DHC-6-400ツインオッター ブルー塗装

  • ニュース画像 2枚目:第一航空向け DHC-6-400ツインオッター ピンク塗装

第一航空は発注していたDHC-6-400ツインオッター2機が日本に到着したと発表しました。1機は「C-GVVA」の青、もう1機は「C-GVEP」のピンクの画像が公開されています。いずれもバイキング・エアの工場のあるカナダ・ビクトリア国際空港を3月21日に出発、アラスカ、ロシアを経由して日本に飛来しました。

第一航空は機体記号(レジ)「JA201D」「JA202D」で登録しており、2機はいずれもJAレジに登録される見通しです。この機材は2014年2月に発注され、2015年初頭に引き渡し予定と発表されていました。

この機材は19席を装備しており、同社が展開する沖縄で展開する定期便路線に投入されます。

なお、ツインオッター400シリーズは、日本で初めて航空会社により運航される機体となります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

第一航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加