'17夏、欧州遠征その3。ヨーロッパのLCCに初搭乗でいよいよコルフ島へ。 - ジャーマンウィングス クチコミ

国|コード
ドイツ | IATA : 4U | ICAO : GWI
親会社
ルフトハンザドイツ航空
ホームページ
Germanwings 英語あり
マンチェスター空港 - Manchester Airport [MAN/EGCC]で撮影されたマンチェスター空港 - Manchester Airport [MAN/EGCC]の航空機写真

Copyright © nobu2000さん

'17夏、欧州遠征その3。ヨーロッパのLCCに初搭乗でいよいよコルフ島へ。

航空会社:
ジャーマンウィングス
便名:
4U5616
エコノミー
搭乗日:
2017/08
路線:
ドレスデン → ケルキラ島
機体記号:
D-AGWD
機材:
Airbus A319-132
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
3ッ星
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:230 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 搭乗は9番ゲートから。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 搭乗機のA319、D-AGWD。
  • 写真の種類:座席(シート) シートピッチはそれほど狭いという印象は受けま... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク LCCなので機内食は期待していなかったのです... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 中身はチーズ・サンドウィッチと飲料水と板状の... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) CAの機内サービスもよく、動きもしっかりして... 続き>>

総評

ドレスデンに着陸し、搭乗機がスポットに向かっていると、隣のスポットにはこれから搭乗するであろうジャーマンウィング機がすでに待ち構えていました。

しかし、ドレスデン空港は国際空港とはいえ一地方空港。ターミナル自体もそれほど大きくなく、乗り継ぎ便の搭乗ゲートに向かうまでにはそれほど時間を要しませんでした。

搭乗ゲートに到着した時にちょうど搭乗が始まったという感じで、少々バタつきましたが、無事に乗り継ぎ便に搭乗することができました。

搭乗機はA319-132、D-AGWDで、機内はほぼ満席の状態でした。

搭乗機はほぼ定刻通りにプッシュバックが始まり、R/W22から離陸して、一路ケルキラ(コルフ)島に向かいました。

さて、初搭乗のジャーマンウィングでしたが、個人的には搭乗までは少々構えているところがありました。なぜかと言うと、2015年3月に起きたあの衝撃的な墜落事故のことが頭の片隅にあったからです。

しかし、搭乗してみるとその不安は払拭され、LCCとは言え機内はそれほど窮屈な感じはなく、CAのサービスも概ねよかったと感じられました。

それに、ジャーマンウィングはルフトハンザ系のLCCなのですが、私は前便からルフトハンザに通しで乗っているという扱いだったので、何と小さなランチボックスに入ったサンドウィッチと飲料水を貰うことができたのです。LCCでこれだけのサービスをしてもらえれば御の字です。(このランチボックスは乗客全員に配られていたわけではなさそうなので)

フライトは順調に進み、地中海の青い空と海を望みながらケルキラ(コルフ)島に向かってファイナル・アプローチ。ほぼ定刻通りにR/W35に着陸しました。

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

ジャーマンウィングスの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加