アイベックスエアラインズ、9月27日にCRJ-200退役記念フライトを運航 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
日本 | IATA : FW | ICAO : IBX
ホームページ
IBEXエアラインズ 日本語あり
中部国際空港 - Chubu Centrair International Airport [NGO/RJGG]で撮影された中部国際空港 - Chubu Centrair International Airport [NGO/RJGG]の航空機写真

Copyright © Mochi7D2さん

アイベックスエアラインズ、9月27日にCRJ-200退役記念フライトを運航

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:アイベックスエアラインズ、画像はCRJ-700

アイベックスエアラインズ、画像はCRJ-700

アイベックスエアラインズは2017年9月、CRJ-200を定期路線から退役させます。CRJ-200は、ボンバルディアがビジネスジェット「チャレンジャー」をベースに開発した50人乗りのリージョナルジェット機で、アイベックスは2002年、2003年にそれぞれ1機ずつ導入し、地方路線の維持、拡充と、同社の成長を支える機材として活躍しました。

定期便の最終便は、9月27日(水)の仙台/広島線のIBX35、IBX36便を予定しており、これまでの安全運航とCRJ-200を利用した旅客への感謝として退役記念フライトとして運航し、出発空港で記念品を配布する予定です。同社のCRJ-200は機体記号(レジ)「JA03RJ」です。

アイベックスは、CRJ-200の退役で、保有機が全てCRJ-700へ更新と機種統一を完了します。また、提供座席数が増加し、ビジネス、観光ともに需要に応え、地域振興と利便性の向上に取り組みます。

なお、アイベックスエアラインズのCRJ-200、元「JA04RJ」はネパールのシェリー・エアラインズで運航されています。

期日: 2017/09/27
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

アイベックスエアラインズの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加