京都旅行の往路は伊丹までJALのファーストクラス、伊丹は珍しいRWY14アプローチ - 日本航空 クチコミ

メンバー評価
国|コード
日本 | IATA : JL | ICAO : JAL
アライアンス
ワンワールド
FFP
JALマイレージバンク
ホームページ
JAL 日本語あり 英語あり
JAL Worldwide Sites 日本語あり 英語あり
JAL スーパー先得・先得割引(国内線) 日本語あり
新潟空港 - Niigata Airport [KIJ/RJSN]で撮影された新潟空港 - Niigata Airport [KIJ/RJSN]の航空機写真

Copyright © Hiro-hiroさん

京都旅行の往路は伊丹までJALのファーストクラス、伊丹は珍しいRWY14アプローチ

航空会社:
日本航空
便名:
JL113
ファースト
搭乗日:
2019/05
路線:
羽田(東京) → 伊丹(大阪)
機体記号:
JA772J
機材:
Boeing 777-246
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
5ッ星
トイレ・洗面台
5ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
5ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:656 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 羽田空港のファーストクラス専用エントランス
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 伊丹便はサラリーマンの乗客が多いためか搭乗ゲ... 続き>>
  • 写真の種類:ギャレー このプレートを製作する業者さんがいなくなって... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) ファーストクラス専用シート。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め RWY16Rからテイクオフ!
  • 写真の種類:機内食・ドリンク アペタイザー
    スチームチキンとカッペリーニの... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク アペタイザー
    スチームチキンとカッペリーニの... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク アペタイザー
    スチームチキンとカッペリーニの... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク アペタイザー
    スチームチキンとカッペリーニの... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク アペタイザー
    スチームチキンとカッペリーニの... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 今月のドリンク 健康道場おいしい青汁 / S... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 大阪上空。
  • 写真の種類:機内からの眺め 大阪城。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め この辺りから大きくライトターンしてRWY14... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め RWY32 ENDから正面に見ることができる... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め 左サイドにはRWY14Lの滑走路。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め RWY14Rにタッチダウン!
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 伊丹空港から京都駅までは空港リムジンバスで移... 続き>>

総評

今回の京都旅行では、羽田 -> 伊丹 -空港リムジンバス-> 京都駅というルートで、空路と陸路の合せ技で旅を楽しみました。今年は出来るだけ早めにダイヤモンド会員資格を取得すべく機会があれば積極的に空路を使っています。ちなみに、東京〜京都駅までの時間距離は新幹線と殆ど変わらないので、ヒコーキ好きの方にはオススメの旅ルートだと思います。
余談ですが、タイトルにもあるように、今回のフライトでは、伊丹空港の着陸は珍しいRWY14アプローチでしたので、ちょっと楽しみが増えた感じ。

【機内食・ドリンク】
行きのフライトは、洋食スタイルの昼食メニューでした。
羽田-伊丹便はフライト時間が極めて短いため、常温メインのメニューを想定したのですが、幸いにもブレッドだけは暖かく、その分美味しくランチを頂くことができました。また、写真でお分かりの通り、アペタイザーとメインディッシュのボリューム、そしてクォリティともに素晴らしく、短時間で食べ切れるかなあ?と心配になってしまったほどでした。もしかすると、JALの場合、昼食メニューが最もコスパが良いのでは?と思い、改めてホームページで6月以降の機内食メニューをチェックしてみたところ、写真で見た範囲では、やはり昼食が狙い目なような感じでした。ちなみに、メインとアペタイザーは勿論ですが、ブレッドとバターが美味しかったのも好印象でした。


【座席(シート)】

2-2-2配列(B777なので)のファーストクラス・シート。短いフライトでしたが、ファーストクラスにテンピュール®社製クッションという組み合わせは、とってもリラックスできましたよ。

【機内スタッフ】
毎回のことではありますが、JALのCAさんのクォリティについては、文句のつけようもなく素晴らしく、更にファーストクラスということもあって、とても快適なフライト体験を提供してもらっていると思います。一言で表現するなら、程よい距離感を保ちつつ、細かいところにも気遣いを怠らない、まさにプロの仕事ですね。

【エンターティメント】
モバイルバッテリー、新聞、専用スリッパ等、ファーストクラス専用のサービス以外にも、現在、機内WiFiサービスが無料ですので、国内線とは言え、ソコソコ楽しめるコンテンツが充実しています。

【トイレ・洗面台】
綺麗で、普通でした。

【機材コンディション】
普通でした。

【空港サービス】
羽田空港では、ファーストクラス専用レーンを利用できる以外は、普段とあまり変わらないかなあ?(我が家はグローバル会員なので。)
余談ですが、伊丹便はサラリーマンの乗客が多いためか搭乗ゲートでは毎回長蛇の列のまま長い時間待たされます。席は決まっているわけだし、ビジネス用途ということもあって機内への持込荷物も大きくないので、我先に搭乗する意味があまりないように思うので、正直言って、上級会員がわざわざ並ばなくても良いのでは?と毎回思うのですが...

【総合評価】
兎にも角にも、1時間弱のフライトで、美味しい昼食を楽しめるのは、JALさんだからこそだと思います。我が家としては、同じ時間、同じ料金だったら、他のエアラインを選択する意味は考えにくいですね。

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

Recommend おすすめコンテンツ

日本航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加