国際線機材 - JAL (日本航空) 口コミ・評価

航空会社 JAL (日本航空)

伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]で撮影された伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]の航空機写真

© TOPAZ102さん

第2次大戦後の1951年設立。ノースウエスト航空の乗員、リース機で運航開始し、戦後初の国際線も運航。ナショナルフラッグキャリアとしてネットワークを展開。日本航空株式会社法が1987年に廃止され、民営化。

2002年10月に日本エアシステムと合併、2005年10月にワンワールド加盟、2010年1月に会社更生法を申請、2011年3月に会社更生法の下での再建終了。2019年6月、JALとして初のエアバス製ワイドボディ機A350XWBを導入した。
日本
IATA | ICAO
JL | JAL
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
国際線機材

航空会社
日本航空
便名
JL993
ビジネス
搭乗日
2019/07
路線
羽田(東京) → 那覇
機体記号
JA652J
機材
Boeing 767-346/ER
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
4ッ星
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
1,445
投稿日

搭乗写真

総評

国内線ですが、レアな国際線機材で運用されている路線がいくつかあります。
その一つがこちらです。
6時10分発なので実質日本航空の羽田空港始発便になります。
機材はB767-300ERで、スカイリクライナーです。
少し古さもありましたがクラスJとして利用できることを考慮すると、かなりお得です。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

JAL (日本航空)の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

メニューを開く