京都へのプチ旅行 羽田新航路 都心通過する南風運用を体験 JAL ファーストクラス (復路) - JAL (日本航空) 口コミ・評価

航空会社 JAL (日本航空)

福岡空港 - Fukuoka Airport [FUK/RJFF]で撮影された福岡空港 - Fukuoka Airport [FUK/RJFF]の航空機写真

© M.airphotoさん

第2次大戦後の1951年8月1日設立。1951年10月25日...
日本
IATA | ICAO
JL | JAL
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
京都へのプチ旅行 羽田新航路 都心通過する南風運用を体験 JAL ファーストクラス (復路)

航空会社
日本航空
便名
JL124
ファースト
搭乗日
2020/04
路線
伊丹(大阪) → 羽田(東京)
機体記号
JA849J
機材
Boeing 787-8 Dreamliner
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
5ッ星
トイレ・洗面台
5ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
5ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
10,284
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    今回搭乗したシップ。
  • 写真の種類:座席(シート)
    ファーストクラス専用シート。
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    15.6インチの個人ディスプレイ。
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    15.6インチの個人ディスプレイ。
  • 写真の種類:機内からの眺め
    伊丹空港の様子。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    15.6インチの個人ディスプレイ。
  • 写真の種類:機内からの眺め
    RWY32Lからテイクオフ!
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
    大きくレフトターン。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
    伊丹空港が見えてきました。
  • 写真の種類:機内からの眺め
    いつもなら着陸機が見えるんですけどね... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    アペタイザー
    ・ローストビーフ スモ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    アペタイザー
    ・ローストビーフ スモ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    アペタイザー
    ・ローストビーフ スモ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    アペタイザー
    ・ローストビーフ スモ... 続き
  • 写真の種類:トイレ・化粧台
  • 写真の種類:トイレ・化粧台
  • 写真の種類:機内からの眺め
    東京上空、都心通過する南風運用の羽田... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    遠くに東京スカイツリーが見えます。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
    東京ドームと皇居が見えてきました。
  • 写真の種類:機内からの眺め
    迎賓館ですね。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
    東京タワーがこの角度で見えるなんて!... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
    レインボーブリッジです。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
    城南島海浜公園だね。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
    RWY34Lにタッチダウン!なんだか... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    早く飛べるといいですね。

総評

こんな時期に!と思われるでしょうが、こんな時だからこそ、いつも旅行でお世話になっているホテルやお店に少しでも恩返しができればと、緊急事態宣言前に、羽田->伊丹->京都->というルートで京都に行ってきました。今回の搭乗レビューは、帰りのフライト分です。極力長い時間、人との接触を避ける意味で、新幹線の利用は避け、移動時間が短く、換気機能が完備されているヒコーキを選択しました。京都->伊丹の移動は高速バスの利用を止め、行きと同様、空港で借りたレンタカーを利用しました。余談ですが、伊丹空港って、レンタカー専用の施設が空港ビルのすぐ隣りでサービスを開始していて、とても便利でしたよ。
今回は、南風運用時の新しい羽田新航路で、RWY16Lに着陸。こんなに都心の真上を飛ぶなんて、正直驚きました。ま、そういう意味では、伊丹も同じですね。ちなみに、我が家のベランダから、この新航路でアプローチするヒコーキを間近に見ることができ、え!こんなに近くていいの?と思うほどです。良し悪しは別として、ベランダから、余裕でヒコーキの写真撮影ができるようになりました。

【機内食・ドリンク】
行きのフライトは、洋食スタイルの昼食メニューでした。
伊丹-羽田便はフライト時間が極めて短いし、加えてランチなので、いつもどおりの軽食パターンかな?と思っていたのですが、写真でお分かりのように、かなりボリュームのある献立でした。メインはグリルチキンと桜酢飯 ツナサラダ (あれ?ツナサラダ付いていたかなあ?)、アペタイザーがローストビーフ スモークサーモンと、見た目も華やかですが、何より相当なボリュームがあり、これ食べ切れるかなあ?と心配しました。ちなみに、パンとバターが付いているのに、なぜかメインのプレートにピンク色の桜酢飯が添えてあり、これコンフリクトしてない?と思ってしまいました。ま、どこかで春を演出したかったんでしょうね。量はともかく、味の方はとても美味しかったです。

【座席(シート)】

2-2-2配列(B787なので)のファーストクラス・シート。シートは、A350-900のファーストクラスと同じタイプです。短いフライトでしたが、ファーストクラスにテンピュール®社製クッションという組み合わせは、とってもリラックスできましたよ。

【機内スタッフ】
毎回のことではありますが、JALのCAさんのクォリティについては、文句のつけようもなく素晴らしく、更にファーストクラスということもあって、とても快適なフライト体験を提供してもらっていると思います。一言で表現するなら、程よい距離感を保ちつつ、細かいところにも気遣いを怠らない、まさにプロの仕事ですね。
こんな時期にも係わらず、いつもと変わらぬサービスを提供いただき、とても感謝です。

【エンターティメント】
15.6インチの個人ディスプレイで、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」と「CURRENT WAR (エジソンズ・ゲーム)」を観れました。とは言え、羽田-伊丹を往復しても中途半端にしか楽しめないんですけどね。
モバイルバッテリー、新聞、専用スリッパ等、ファーストクラス専用のサービス以外にも、現在、機内WiFiサービスが無料ですので、国内線とは言え、ソコソコ楽しめるコンテンツが充実しています。

【トイレ・洗面台】
綺麗で、普通でした。

【機材コンディション】
普通でした。

【空港サービス】
今回は、こういう時なのでラウンジは利用しませんでした。
それにしても、搭乗ゲートに並ぶ上級会員のサラリーマン諸君、こういう時なので、他人との距離をもう少しとりましょうね。

【総合評価】
兎にも角にも、1時間弱のフライトで、美味しい昼食を楽しめるのは、JALさんだからこそだと思います。我が家としては、同じ時間、同じ料金だったら、他のエアラインを選択する意味は考えにくいですね。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

JAL (日本航空)の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く