すったもんだの機材変更で朝イチ便に - JAL (日本航空) 口コミ・評価

航空会社 JAL (日本航空)

伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]で撮影された伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]の航空機写真

© 平凡なおっちゃんさん

第2次大戦後の1951年8月1日設立。1951年10月25日...
日本
IATA | ICAO
JL | JAL
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
すったもんだの機材変更で朝イチ便に

航空会社
日本航空
便名
Jl503
ファースト
搭乗日
2020/09
路線
羽田(東京) → 新千歳(札幌)
機材
Boeing 767-300
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
4ッ星
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
598
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    朝食は初めてでしたが、朝食もなかなか... 続き

総評

今回のフライトですが、本当は翌日の昼でした。(Fクラス)ところがコロナによる機材変更で777⇒767に。通常なら予約してある席の属性(窓・通路など)によって自動的に席が割り当てられるはずが何故か席の指定が出来ない状況。
これはおかしいとJGCデスクに電話したところ、何と「最初からダブルブッキングになることを把握しておきながら、席数が少ない機材に変更されているので、当日空港でクラスJに変更頂けるお客様を募ります。」というようなことを言われました。ところが既にクラスJも満席で、当日の全ての便のFクラスも満席。
あげくの果てに「キャンセル料は無料にしますので、キャンセルされては如何でしょうか?」との信じられない申し出。「それでは全旅程をキャンセルすることになりますが、JALの責任なのに、そんなことをお客に要求するとはどういうことでしょうか?これは録音されていますけど、大丈夫ですか?」と怒りの指摘をしました。
色々聞きましたが、ラチがあかないので前日の便を調べたところ朝イチの便ならFクラスに空きがあったため、再度デスクに電話して変更してもらいました。
ここでもひと悶着ありました。私は株主なので株主割引でした。変更する便の空きは普通運賃のみ。当然、今回の一件はJALの責任なので、「株主割引の運賃のまま変更すべき」と申し入れたところ、「今回に限り特別です」とのこと。何というこの対応。これまでのJGCデスクではあり得ない会話です。
怒りを抑えながら変更を完了しました。後でtrico(JALのSNSサイト)メンバーの方々に教えてて頂きましたが、皆さん同様な目に会っているそうで、原因はダイヤを決めている部署にあるようです。
はてなブログでもアップしています:
https://legit-innovation.hatenablog.com/entry/2020/09/27/215016

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

JAL (日本航空)の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く