#0764 (I0575) 機内で「お医者様はいらっしゃいませんか?」 変わるドクターコールの制度と運用 - JAL (日本航空) 口コミ・評価

航空会社 JAL (日本航空)

2022年10月02日に撮影されたJAL (日本航空)の航空機写真

© suke55さん

第2次大戦後の1951年8月1日設立。1951年10月25日...
日本
IATA | ICAO
JL | JAL
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
#0764 (I0575) 機内で「お医者様はいらっしゃいませんか?」 変わるドクターコールの制度と運用

航空会社
日本航空
便名
JL031
エコノミー
搭乗日
2019/01
路線
羽田(東京) → スワンナプーム(バンコク)
機体記号
JA704J
機材
Boeing 777-246/ER
総評:4
4ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフサービス
5ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
3ッ星
地上サービス
5ッ星
口コミ投稿者
westtowerさん
アクセス数
589
投稿日
2022/05/28

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗機 JL JA704J B777... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    JL ボーディングパス
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    JL JGC & First... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    快晴の羽田空港T3で出番を待つJAL... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    JL Sakura Lounge ブ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    JL Sakura Lounge
    シ... 続き
  • 写真の種類:機窓・風景
    30分の機内待機後、いよいよ出発です... 続き
  • 写真の種類:機窓・風景
    羽田空港 全景空撮
  • 写真の種類:機窓・風景
    富士山 全景空撮
  • 写真の種類:座席(シート)
    JL エコノミークラス 自席 48K
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 ビバレッジサービス
    ト... 続き
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    JL 新エンターティメントシステム ... 続き
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    JL 機内誌 “SKYWARD ” ... 続き
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    JL 機内誌 “skyward ” ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 ”RED U-35” ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 ”RED U-35” ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 ”RED U-35” ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 ”RED U-35” ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 ”RED U-35” ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 メインディッシュ
    サー... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 サイドディッシュ
    漬物... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 サイドディッシュ
    鱈と... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 サイドディッシュ
    彩り... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 デザート
    ラズベリーと... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    ハーゲンダッツ アイスクリーム(JA... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JL 機内食 Coffee in t... 続き
  • 写真の種類:機窓・風景
    波照間島 全景空撮
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    第3の故郷上空をパス
  • 写真の種類:機窓・風景
    バンコク スワンナプーム国際空港に到... 続き
  • 写真の種類:機窓・風景
    バンコク スワンナプーム国際空港に到... 続き

総評

2021年09月からタイ王国にベースを移しましたが、今思うとそのための布石だったのか、この頃から訪泰の機会が増えてきました。今回はJALの翼でバンコクへ飛びました。途中ちょっとした機内ハプニングも…

【チェックイン】
ETD11:20、ゆっくり支度をして余裕をもって空港へ移動できるデイフライトは、慌ただしさがなくて好きです。
JGCの専用カウンターでさくっとチェックイン完了し、展望デッキで暫しスポッティングを。冬の澄んだ青空が気分爽快にさせてくれます。

【ラウンジ】
Sakura Loungeで遅めのブランチを。これから暫くはエスニック料理が続くので、鯖の塩焼きと銀シャリをメインに和食をチョイスしました。

【搭乗】
ボーディングタイム開始予定時刻の10分前にゲートに赴くと、JA704J B777-246_ERが準備万端でスタンバイ。10:15に搭乗開始、定刻の10分前の11:10にはドアクローズと、ここまでは順調だったのですが、その後出発機の順番待ちでプッシュバックまで機内で30分の待機となりました。

【搭乗機・機材コンディション】
機番 JA704J
機材 B777-246/ER
2003年04月 初飛行
2003年05月 JL登録
機齢 15.7歳(搭乗時)
コンフィグレーション W51
コンディション 良好
エンジン 2 x GE GE90-94B
年季の入った機材でしたが、丁寧にメンテナンス、リノベーションされているようでした。
2021年10月 JALから退役、現在はN774LGとしてロジスティクエアで保管中のようです。
復活の日は来るのでしょうか…

【機内概況・座席(シート)】
エコノミークラス(座席数不明)
アブレスト 3+3+3=9(基本)
シートピッチ 不明
シート幅 不明
リクライニング 不明(通常のFSCのレコノミークラスシートと同レベル)
自席 スターボードサイド窓側 48K

【機内食・ドリンク】
若き料理人たちによる機内食 ”RED U-35” シリーズ
メインディッシュ
・サーモンの柚子香る豆乳クリーム煮込み 十五穀米添え by 野崎翠 シェフ
サイドディッシュ
・漬物を入れた和ポテトサラダ by 酒井研野 シェフ
・鱈とグレープフルーツのカルピオーネ by 野崎翠 シェフ
・彩りサラダ
デザート
・ラズベリーとクリームチーズのムース 米粉のタルト by 野崎翠 シェフ
・ハーゲンダッツ アイスクリーム(JALオリジナル パッケージ)

新進気鋭の若手料理人のコンペティション”RED U-35”のファイナリスト シェフを監修に迎えた新スタイルの機内食の競演。
濃い口の機内食が多い中で、比較的やわらかな味わいのサーモンの豆乳クリーム煮込み、柚子のアクセントのセンスが光ります。十五穀米やデザートに米粉を使い、健康とアレルギーにも配慮した気配りが感じられます。
エコノミークラスの機内食の域を超えた”RED U-35” シリーズ、大のお気に入りでした。

・Coffee
・ミネラルウォーター

【客室乗務員】
ホスピタリティ溢れるCAの皆さん、いつも快適な空の旅をありがとうございます。

【エンターティメント】
フライトマップ使用
機内誌は”SKYWARD”

【トイレ・洗面台】
使用せず

【トピックス】
フライトも終盤に差し掛かった15:30、「機内にお医者様はいらっしゃいますか」のドクターコールあり。その後ドクターは現れたのか…、患者の容態は…、自席からは全く窺い知ることはできませんでしたが、状況次第ではサイゴンやプノンペンへのダイバートもあるかもしれないと覚悟しました。

より迅速に機内の緊急医療対応をとることを可能するため、ドクターが搭乗していてどこの座席に座っているのかを客室乗務員たちがあらかじめ情報共有するJAL「JAL DOCTOR登録制度」、ANA「ANA Doctor on board」が2016年より導入されています。

尤もこの制度は、医師免許を有するマイレージ会員に予め登録しておいてもらうボランティア制であり、ドクターの自発的協力が不可欠です。更に、ドクターが飲酒していたり、自身のコンディションに支障がある場合は申し出を辞退することもできる任意制度です。

この制度の導入後 ドクターコールの件数は減少したと言われますが、このフライトでは資格・適格対象者がいなかったため、公募に切り替えたのだと思われます。

機内の環境は地上とは大きく異なり、アルコール中毒やエコノミークラス症候群、また脱水症状や血圧上昇から心臓疾患や脳梗塞などが誘引される可能性もあり、搭乗前は体調管理に留意しなければならないなと改めて思いました。

心配したダイバートはなく、出発時の20分の遅れを8分までキャッチアップして、スワンナプーム国際空港に着陸しました。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号
48K
搭乗クラス
Y(K)
区間マイル
2,849㍄
出発予定時刻
11:20
搭乗時刻
10:50
出発時刻
11:10
飛行高度
40,000ft
飛行速度
518㍄/h
到着予定時刻
16:20
到着時刻
16:28
予定飛行時間
07:00
出発空港 天気・気温
出発ゲート・スポット
146
離陸滑走路
23
離陸時刻
11:53
到着空港 天気・気温
着陸滑走路
19R
着陸時刻
16:22

コメント

  • 2022/06/03 12:57:37

    westtower様
     長らくご無沙汰しております、小生もようやく搭乗機会を得ることができたHB-JMBでございます。
    >JAL「JAL DOCTOR登録制度」、ANA「ANA Doctor on board」が2016年より導入されています。<
     このようなことになっていることは小生もよく把握してしておらず、大変参考になります。
     さて、ドクターコールの制度(ならびに運航規程)をあえて残している理由の1つとして小生が考えているのは次の3つです。
     ・外国の医師免許保有者ならびに医師以外の医療従事者(例えば日本で資格がある看護師)の扱い
     ・日本の場合、医師法で解釈はあいまいながらも一応応召義務(患者がいるときは基本的に診療を断ってはいけない)の規定があるため、応召義務があるのにさらに航空会社が別の義務を医師にだけ課すと航空会社が法令違反との指摘を受ける可能性があるため、マイレージ会員の医師の登録は強制ではなく任意になっていると思われること
     ・他国領空通過時にある国で正当な資格を有し、適法な処置をほどこしても領空の属する国では違法であったり、あるいはその逆に領空の属する国ではできる処置が機体や航空会社の国籍国では違法になることがあり得るため、日本の医師法の規定で応召義務があり、それを断った際法令の適用国では違法になるという理由を出されたとき、航空会社が日本の法令でいう応召義務を強制すると逆に違法となり得る恐れがあること(医師は医療のことは詳しいが、弁護士ではないので必ずしも医療に関する法令すべてに明るいわけではないので)
     他にも理由が考えられたり、はたまたここに書いた理由がおかしいということも十分考えられそうですが、コメントが長くなりそうなのでここで筆を止めさせていただきます。
     長々と失礼しました。HB-JMB

  • 2022/06/03 13:52:00

    HB-JMBさま

    長らくご無沙汰いたしましたが、またFlyTeam上で交流が叶いますこと、本当に嬉しく思います。
    早速コメントもいただき有難うございます。

    「JAL DOCTOR登録制度」、ANA「ANA Doctor on board」はネット上の情報の受け売りでして(汗)、その背景や法制度等にまで考えを及ばせることはありませんでしたので、HB-JMBさんのご解説はいつもながら大変参考になりました。

    先日の知床遊覧船事故の遭難者の捜索に当たった漁業監視船が波間に浮かぶ女の子を発見するも、設備やルールの制約から救助ができず、海上保安庁の巡視船の到着まで見失わないようにただ見守ることしかできなかったことがあったそうです。国際法や医師法の制限により医師が目の前の苦しむ患者さんの対応ができないケースもあることを伺い、何よりも優先されるべき人命救助が法律やルールの壁に阻まれてしまう...、青臭いことを言うようですが、どちらのケースも心情的には「何とかならんのか」と思ってしまいますね。

    ちょっと話が脱線したかもしれず、失礼しました。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く