初めてのサーブ!初めてのJAC! - 日本エアコミューター (JAC) 口コミ・評価

航空会社 日本エアコミューター (JAC)

伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]で撮影された伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]の航空機写真

© TOPAZ102さん

以前の2レター「3X」
2020/10/25 ワンワールドに...
日本
IATA | ICAO
JC | JAC
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
初めてのサーブ!初めてのJAC!

航空会社
日本エアコミューター
便名
JAC2322
エコノミー
搭乗日
2016/10
路線
但馬 → 伊丹(大阪)
機体記号
JA8704
機材
Saab 340B
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
無評価
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
508
投稿日

搭乗写真

総評

30代最後の日に、初めての航空会社、初めての路線、初めての機材に乗りたくて予約した但馬→伊丹。
自宅からJRを乗り継いで豊岡へ行き、但馬空港に向かいました。空港に着いて懐かしいANKのYS-11を撮影し展望デッキへ。
但馬空港は滑走路が1200mと短く、いつも伊丹のR/W32R(約1900m)を余裕で離陸して行くサーブの姿が思い浮かんだのですが、さすがに1200mはキツいんではないだろうかと感じました。
伊丹から飛んで来た今日搭乗する機体(JA8704)を撮影し、保安検査場を通り、小さな空港らしくこじんまりした搭乗待合室に入ると間もなく搭乗開始となりました。機体までは徒歩で向かいますが、いつも撮影していると他の大きな機体の中でひときわ小さな機体として目立つサーブですが、いざ近付くと小さいけどカッコいい!と感じました。タラップを上がり、機内に入ると天井が低く、少し屈まないと頭をぶつけそうになります。座席は1-2で、1列シート(10A)を予約していました。全員が搭乗するとすぐにドアクローズとなり、タキシング開始。タキシーウェイがないのでランウェイをエンドまで走り、くるっと反転。ここからが「但馬発」を予約した醍醐味の始まりです!
1200mのランウェイから離陸するため、エンドでエンジンをフルパワーに!前に進もうとする力をブレーキが抑えているので機体が激しく揺れ始め、10秒ほどその揺れを感じていると一気にブレーキリリース!小さな機体とは思えない強烈なGを感じ、700m程度で離陸しました。この日は雲が厚く、風が吹いていたためよく揺れましたが、これも小さな機体の醍醐味!と思いながら約40分のフライトで伊丹に到着しました。
旧石垣空港では滑走路が短いためB-737が同じようにロケットスタートをしていました。今は新空港となりロケットスタートが無くなってしまいましたが‥但馬空港ではロケットスタートを体感できます!本当にハマってしまいました!
フライト時間が短いためドリンクサービスはありませんでしたが、飴の詰め合わせを頂きました。CAさんは一人でしたが、とても気持ちの良い応対でした。サーブもあと2年程度で引退してしまいますが、それまでにもう一度搭乗したく思います。
もちろん…但馬発伊丹行で♪

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号
10A
搭乗クラス
エコノミー
出発予定時刻
10:10
搭乗時刻
10:00
出発時刻
10:10
飛行速度
510km/h
到着予定時刻
10:50
到着時刻
10:50
予定飛行時間
40分
出発空港 天気・気温
離陸滑走路
01
到着空港 天気・気温
着陸滑走路
32R

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く