空自C-2、アバロン・エアショーで海外初の展示飛行 | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 日本語あり
防府北基地 - Houfu Kita Airbase [RJOF]で撮影された防府北基地 - Houfu Kita Airbase [RJOF]の航空機写真

Copyright © れんしさん

空自C-2、アバロン・エアショーで海外初の展示飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:アバロン・エアショーで展示飛行

アバロン・エアショーで展示飛行

  • ニュース画像 2枚目:フィジー軍との部隊間交流
  • ニュース画像 3枚目:フィジー軍参謀長へC-2の説明風景

航空自衛隊は2019年2月24日(日)から3月5日(火)まで、第3輸送航空隊第403飛行隊のC-2輸送機、「68-1203」による国外運航訓練を実施しました。この訓練は、アジア、大洋州方面における航空路と地域特性の把握に努め、部隊の国外任務遂行能力の向上を目的としています。

寄航先のアバロン空港では「2019年オーストラリア国際航空ショー」と航空宇宙・防衛展示会に参加し、海外では初めてC-2輸送機の飛行展示を披露しました。現地ではオーストラリア空軍(RAAF)第33飛行隊と第37飛行隊、アメリカ空軍第336飛行隊、ニュージーランド空軍第40飛行隊、マレーシア空軍第22飛行隊と部隊間交流を行い、意見交換や相互の機体見学を実施しています。

このほか、第3輸送航空隊はフィジーに初めて寄航し、フィジー軍と部隊間交流やフィジー軍参謀長への機体説明とギフト交換、ナンディ特別支援学校へのプレゼント贈呈など、各種交流を実施しています。

今回の訓練で、隊員の海外における任務遂行能力が向上し、部隊間交流を通じ各国の空軍部隊との関係を深めることができたとして、空自は今後も国外運航訓練による隊員の能力向上に努め、寄航先の国との交流を積極的に実施する方針です。

期日: 2019/02/24 〜 2019/03/05
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

航空自衛隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加