防衛省、新中期防で導入するSTOVL機の機種選定手続きを開始 | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 日本語あり
防府北基地 - Houfu Kita Airbase [RJOF]で撮影された防府北基地 - Houfu Kita Airbase [RJOF]の航空機写真

Copyright © れんしさん

防衛省、新中期防で導入するSTOVL機の機種選定手続きを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:フライングタイガースのF-35B

フライングタイガースのF-35B

防衛省は2019年3月15日(金)、2018年12月に決定した新たな防衛大綱、中期防衛力整備計画で導入を決定した短距離離陸・垂直着陸戦闘機(STOVL機)の機種選定手続きを行うと発表しました。

選定手続きは、まず機種の提案を問題なく出せるかどうか、あらかじめ提案を希望する企業などに提案要求の内容について、意見を求める説明会を3月22日(金)に開催します。提案を希望する企業などと調整し、企業から提案書を受領した上で、的確かつ公正な評価を経て、2019年夏ごろを目途に機種を決定します。

航空幕僚監部装備計画部では、提案を要求する航空機としてSTOVL機を42機としています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

航空自衛隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加