ロッキード・マーティン、200機目のF-35を納入 空自向け「AX-2」 | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 日本語あり
茨城空港 - Ibaraki Airport [IBR/RJAH]で撮影された茨城空港 - Ibaraki Airport [IBR/RJAH]の航空機写真

Copyright © さかなやさん

ロッキード・マーティン、200機目のF-35を納入 空自向け「AX-2」

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ロッキード・マーティンは2017年1月10日(火)、F-35ライトニングIIプログラムで200機目の量産機を納入したと発表しました。この機体は航空自衛隊向け「AX-2」、空自向けF-35Aの2機目です。

火曜日には最終組立が行われたフォートワース工場を出発し、約2時間後にはアリゾナ州のルーク空軍基地に到着しています。ルーク空軍基地では、F-35プログラムに参画する各国向けの46機が所在し、パイロット向けの訓練が行われています。

F-35プログラムの製造では、アメリカ、イスラエル、イタリアを含めた世界12カ所で製造が進められており、製造能力の引き上げも行われています。また、F-35はこれまでに380名のパイロット、3,700名の整備員により、75,000飛行時間を記録しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

航空自衛隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加