空自、9月にC-130後方安全シンポジウムを開催 8カ国の代表者が参加 | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 日本語あり
那覇空港 - Naha Airport [OKA/ROAH]で撮影された那覇空港 - Naha Airport [OKA/ROAH]の航空機写真

Copyright © チャッピー・シミズさん

空自、9月にC-130後方安全シンポジウムを開催 8カ国の代表者が参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

航空自衛隊は2017年9月4日(月)から9月6日(水)の3日間、岐阜基地と小牧基地で、アメリカ空軍とC-130後方安全シンポジウムを開催しました。

このシンポジウムは、C-130の後方と安全に関する意見交換を目的として開催され、アジア太平洋地域のC-130運用国として、アメリカ、オーストラリア、バングラディシュ、インドネシア、フィリピン、スリランカ、タイの計8カ国の各国空軍代表者が参加し、相互理解を促進するとともに、信頼関係を強化しました。また、シンポジウムのプログラムで小牧基地の第1輸送航空隊の見学も実施されました。

航空自衛隊は今後も、各国空軍との防衛協力や交流を進展させていくとしています。詳しくは、航空自衛隊のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/09/04 〜 2017/09/06
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

航空自衛隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加