那覇の航空救難団、CH-47J後部カーゴドアが脱落 捜索中のヘリが発見 | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 日本語あり
岐阜基地 - Gifu Airbase [RJNG]で撮影された岐阜基地 - Gifu Airbase [RJNG]の航空機写真

Copyright © じょ~まんさん

那覇の航空救難団、CH-47J後部カーゴドアが脱落 捜索中のヘリが発見

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

航空救難団那覇ヘリコプター空輸隊のCH-47Jが2018年3月6日(火)、練成訓練中に沖永良部島分屯基地のヘリポートへの着陸を試みる際の上空偵察中に、航空機の後部カーゴドアが脱落、落下しました。落下場所は、沖永良部島分屯基地の近傍で、脱落した部品は、後部カーゴドアです。

形状は、四角形で灰色と迷彩色の塗装が施されており、大きさは縦横が約160センチメートルと240センチメートル、厚さはおよそ4センチメートル、重さは約31キログラムです。

航空自衛隊はこれを受け、捜索していたところ、対応中のヘリコプターの乗組員が3月7日(水)6時55分ごろ、沖永良部島分屯基地ヘリポートから南東約200メートルの草地でカーゴドアを発見しました。

なお、航空自衛隊では引き続き脱落した原因を確認しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

航空自衛隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加