防衛省、タイ空軍の警戒管制レーダー入札できず 他国製の導入で | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊 日本語あり
岐阜基地 - Gifu Airbase [RJNG]で撮影された岐阜基地 - Gifu Airbase [RJNG]の航空機写真

Copyright © bakさん

防衛省、タイ空軍の警戒管制レーダー入札できず 他国製の導入で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

防衛省は2018年7月20日(金)、タイ空軍の警戒管制レーダーの入札について、タイ政府が他国製の導入で入札の成功に至らなかったと公表しました。

この入札にあたり、国内企業がタイが実施する国際競争入札に、参加する意向を示したことを受け、政府は3月8日(木)、「防衛装備移転三原則」と「防衛装備移転三原則の運用指針」に従い、国家安全保障会議(NSC)で審議し、国内企業入札参加を承認していました。

この国内企業は三菱電機とみられ、航空自衛隊が配備する警戒管制レーダー、FPS3を。ベースにした製品を提案していました。ただし、7月18日(水)、タイ政府から他国製レーダーの導入が公表されたことを受け、NSCでの審議結果を発表しました。

政府はフィリピンへの海上自衛隊のTC-90練習機移転や陸上自衛隊の多用途ヘリコプター、UH-1Hの部品などの無償譲渡は実施していますが、完成品の売却には至っていません。詳しくは、防衛省のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

航空自衛隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加