しまかぜとロナルド・レーガン、10月7日から共同巡航訓練を実施中 | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
海上自衛隊 日本語あり 英語あり
高松空港 - Takamatsu Airport [TAK/RJOT]で撮影された高松空港 - Takamatsu Airport [TAK/RJOT]の航空機写真

Copyright © 神宮寺ももさん

しまかぜとロナルド・レーガン、10月7日から共同巡航訓練を実施中

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:CVN-76と艦載機

CVN-76と艦載機

  • ニュース画像 2枚目:MH-60Sシーホーク、しまかぜ付近を飛行
  • ニュース画像 3枚目:しまかぜとMH-60、奥に洋上補給中のロナルド・レーガン

海上自衛隊は2017年10月7日(土)から、アメリカ海軍と共同巡航訓練を実施しています。訓練海空域は、バシー海峡周辺から沖縄周辺に至る海空域で、目的は海上自衛隊の戦術技量の向上、アメリカ海軍との連携強化でした。訓練項目は各種戦術訓練で、MH-60Sシーホークなどが飛行する様子が公開されています。

参加部隊は、海上自衛隊が護衛艦「しまかぜ(DDG-172)」、アメリカ海軍が空母「ロナルド・レーガン(CVN-76)」をはじめ艦艇数隻です。詳しくは、海上幕僚監部のPDFを参照ください。

期日: 2017/10/07から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

海上自衛隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加