ジェットブルー、2013年後半にA321を導入 2014年から新シート装備 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
アメリカ | IATA : B6 | ICAO : JBU
ホームページ
JetBlue 英語あり
ロサンゼルス国際空港 - Los Angeles International Airport [LAX/KLAX]で撮影されたロサンゼルス国際空港 - Los Angeles International Airport [LAX/KLAX]の航空機写真

Copyright © PASSENGERさん

ジェットブルー、2013年後半にA321を導入 2014年から新シート装備

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ジェットブルー航空は2014年からアメリカ大陸横断路線でフルフラットシートを投入します。すでに機内シートは動画で公開しているもので、手頃な価格での上質で快適、高い設備のサービスを提供します。

このサービスは2014年4月移行の第2四半期からA321に装備、ニューヨーク・JFK/ロサンゼルス線、ニューヨーク/サンフランシスコ線で運航します。ジェットブルーは完全に独立できるタイプのシートを装備する唯一の会社となります。

このシートは北アイルランドを拠点にするトムソン・アエロ・シーティングが手がけたもので、座席配列は「2-1」で、1、3、5列目は「2-2」の配列です。

新シートはエアクッションの固さが調節ができることをはじめ、マッサージ機能、15インチのワイドスクリーンでのライブエンターテイメントを提供します。また、この導入を契機にエコノミーのコーチクラスでは足元を広くするシートに変更します。

ジェットブルーは2013年後半にもA321を受領。最初に受領する4機は190席の機材で、2014年には16席のライフラットシートを装備、エコノミー143席の機材を導入、2タイプで運航します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

ジェットブルーの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加