機内IFEが標準で装備されイヤホンも無料で配布するという当時としては太っ腹なサービスレベルでした。クルーは真っ赤なユニフォームを着用し、搭乗時の安全ビデオにはオーナーのビジェイ・マリヤ氏が登場し挨拶をするなど良い意味でインドの国内線のサービスを向上させた会社でした。 有料でさらに特別なサービスを受ける事が出来、ある日のフライトではエコノミークラスの搭乗でしたが、ゲートから機体までのセダンによる送迎に機内での花束の贈呈にシャンペンなどの思いでがあります。 - キングフィッシャー航空 搭乗写真・画像

航空会社 キングフィッシャー航空

熊本空港 - Kumamoto Airport [KMJ/RJFT]で撮影された熊本空港 - Kumamoto Airport [KMJ/RJFT]の航空機写真

© tsubameさん

キングフィッシャー航空 2012年12月運航許可が失効
現在運航されていません。運航していた当時の情報です。
インド
IATA | ICAO
IT | KFR

搭乗レビュー
かってはSkytrax 5 スター航空会社であったインド キングフィッシャー航空

航空会社
キングフィッシャー航空
便名
エコノミー
搭乗日
2008/04
路線
デリー → ムンバイ
機体記号
VT-KFR
機材
Airbus A321-232
総評:4
4ッ星
口コミ投稿者
twinengineさん
投稿日

搭乗写真:機内からの眺め

写真の種類:機内からの眺め
機内IFEが標準で装備されイヤホンも無料で配布するという当時としては太っ腹なサービスレベルでした。クルーは真っ赤なユニフォームを着用し、搭乗時の安全ビデオにはオーナーのビジェイ・マリヤ氏が登場し挨拶をするなど良い意味でインドの国内線のサービスを向上させた会社でした。
有料でさらに特別なサービスを受ける事が出来、ある日のフライトではエコノミークラスの搭乗でしたが、ゲートから機体までのセダンによる送迎に機内での花束の贈呈にシャンペンなどの思いでがあります。
アクセス数:84

この搭乗レビューの写真一覧

  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    JetAirwaysというよきライバルがおり... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め

総評

インドの国内線のサービスを大きく変えた2社のうちのもう一つはビール会社を親会社に持つキングフィッシャー航空で、バンガロールを本拠地に最盛期は66機の機体を擁する会社でした。国内線にファーストクラスを導入しナローボディー機に2-2の大ぶりのシートを用意して国内幹線に飛ばしていました。 この搭乗レビューを詳しく見る

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

みんなの機内食!

FlyTeamメンバーからの搭乗レビュー 機内食の写真一覧です!

Recommend おすすめコンテンツ

メニューを開く