KLMオランダ航空、3人の著名シェフがオークラに集結 提携を継続 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
オランダ | IATA : KL | ICAO : KLM
アライアンス
スカイチーム
FFP
フライング・ブルー
ホームページ
KLMオランダ航空 日本語あり
KLM.com 英語あり
KLM Corporate 英語あり
スワンナプーム国際空港 - Suvarnabhumi International Airport [BKK/VTBS]で撮影されたスワンナプーム国際空港 - Suvarnabhumi International Airport [BKK/VTBS]の航空機写真

Copyright © Kilo Indiaさん

KLMオランダ航空、3人の著名シェフがオークラに集結 提携を継続

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:著名シェフとの協力を延長

著名シェフとの協力を延長

  • ニュース画像 2枚目:KLMが主催した料理サミット
  • ニュース画像 3枚目:シェフらはKLMの人気メニュー開発している

KLMオランダ航空は2017年10月6日(金)、著名シェフ3人との提携継続を発表しました。インドネシアのテレビ出演者で一流シェフのファラ・クイン氏、ホテルオークラ・アムステルダムの和食レストラン「山里」の富川正則シェフ、同ホテル内のフレンチレストラン「シエル・ブルー」のシェフ、オンノ・コクメイヤー氏が、KLMが主催した料理サミットで集結し、調理や試食の様子をKLMウェブサイトが伝えています。

この提携延長に基づき、10月29日(日)からヨーロッパ線のビジネスクラスで、オンノ・コクメイヤー氏が監修する週替わりのスターターメニューの提供が開始されます。オンノ・コクメイヤー氏はアルヤン・スピールマン氏とともに、2015年にヨーロッパ内の長距離ビジネスクラスで初めてランチとディナーを創作したシェフで、そのメニューは搭乗者にも人気があります。

このほか、ジャカルタ/クアラルンプール線、シンガポール/デンパサール線のビジネス、エコノミーでファラ・クイン氏のメニュー、また2010年からコラボしているミシュラン3ツ星レストランの富川正則シェフは日本路線のビジネス、エコノミーの機内食を担当します。なお、詳しくは、KLMオランダ航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/10/29から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

KLMオランダ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加