ボーイング、737 MAX墜落2件でMCAS誤作動認める ソフト更新 | FlyTeam ニュース

国|コード
インドネシア | IATA : JT | ICAO : LNI
ホームページ
Lion Air 英語あり
クアラルンプール国際空港 - Kuala Lumpur Internatonal Airport [KUL/WMKK]で撮影されたクアラルンプール国際空港 - Kuala Lumpur Internatonal Airport [KUL/WMKK]の航空機写真

Copyright © kuro2059さん

ボーイング、737 MAX墜落2件でMCAS誤作動認める ソフト更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ボーイングは2019年4月4日(木)、エチオピア航空の737 MAX墜落の初期調査の報告書が公表されたことを受け、デニス・ミューレンバーグCEOが声明を発表し、こうした事故が再び発生しないようソフトウェア・アップデートを近く完成させるとコメントしました。エチオピア航空の墜落だけでなく、ライオン・エアの墜落事故とも、失速を防ぐ自動制御システム(MCAS)の誤作動が認められ、ボーイングもこのシステムに問題があると認めています。

MCASを制御するソフトの更新は、今後、数週間で認証と実装する見込みです。さらに、ソフトウェア更新に加え、2件の事故後に求められているパイロット向け訓練と追加教材、さらに意図とは違うMCASの作動の可能性を排除する手順を整え、MCASに関連する事故が二度と発生しない対策を実施します。

ミューレンバーグCEOは声明で、今後の安全性を確保する取り組みに加え、2機の墜落で亡くなった方やその家族に哀悼の意を改めて表明しています。同社はこれまで、さらに今後も安全に対し真摯に取り組んでおり、運航停止中の737 MAXが再び空に戻る時には、これまでで最も安全な機種の1つになるとし、航空会社や旅客の信頼を再び獲得する可能な取り組みをすべて実行すると述べています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

ライオン・エアの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加