ルフトハンザドイツ航空、ボゴタ発フランクフルト行き便で赤ちゃんが誕生 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
ドイツ | IATA : LH | ICAO : DLH
アライアンス
スターアライアンス
FFP
マイルズ & モア
ホームページ
ルフトハンザドイツ航空 日本語あり
Lufthansa 英語あり
羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

Copyright © beeさん

ルフトハンザドイツ航空、ボゴタ発フランクフルト行き便で赤ちゃんが誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:LH543便で誕生した赤ちゃんとクルー

LH543便で誕生した赤ちゃんとクルー

ルフトハンザドイツ航空では2017年7月26日(水)、ボゴタ発フランクフルト行きLH543便の機内で、乗務員の手助けにより、元気な赤ちゃんが誕生しました。

機体番号(レジ)「D-AIFC」のA340-300が191人の乗客と乗務員13人を乗せ、コロンビアの都市ボゴタを7月25日(火)21時に出発してから、ブルガリア出身の38歳の女性に早期の陣痛が起こりました。乗務員は乗客数名を前の座席に移し、機体後部をプライバシースクリーンで遮断し、即興の分娩室を作り、乗り合わせた医師3人と客室乗務員により、無事に赤ちゃんを取り上げることができました。

北緯49度、西経21度、高度11,800メートルで生まれた赤ちゃんは、医師のうちの1人の名前を取って、ニコライと名付けられました。母子ともに健康ですが、産後のケアが必要であるため、同フライトは急遽マンチェスターにストップオーバーしています。

機内での出産は稀なことで、ルフトハンザドイツ航空は1965年以来、11件の事例があります。客室乗務員は機内で起こりえる出産を含む応急処置訓練を受けていますが、同社は妊娠中の方は搭乗前に産婦人科医に相談すること、また妊娠28週以降から36週までは医師の証明書を証明書を持参することを勧めています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

ルフトハンザドイツ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加