釧路空港、アイヌ文化のパネル展を開催中 2月4日まで | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
北海道開発局 日本語あり
札幌飛行場 - Sapporo Airfield [OKD/RJCO]で撮影された札幌飛行場 - Sapporo Airfield [OKD/RJCO]の航空機写真

Copyright © ここはどこ?さん

釧路空港、アイヌ文化のパネル展を開催中 2月4日まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

釧路空港は、2015年1月22日(木)から2月4日(水)まで、アイヌ文化などに関するパネル展を開催しています。会場は釧路空港2階出発ロビーです。

北海道開発局では、2014年に引き続き、民学官と連携し、「こんにちは」を意味するアイヌ語のあいさつ「イランカラプテ」を北海道のおもてなしのキーワードとして普及させ、多くの道民、国民にアイヌ文化へ興味、関心を抱いてもらう目的で、「イランカラプテ」キャンペーンを進めています。

釧路空港でもこの「イランカラプテ」キャンペーンに協力、推進するため、パネル展の開催で、アイヌ文化への理解を深めてもらいたいとしています。パネルではアイヌ文化の衣食住、信仰などを紹介し、さらに北海道の「雄大な大自然」や「豊かな食」に関心を高めてもらう作りとなっています。

なお、パネル展の最終日2月4日(水)は、正午までの開催です。詳しくは釧路空港のウェブサイトを参照ください。

期日: 2015/01/22 〜 2015/02/04
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

国土交通省 北海道開発局の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加