陸上自衛隊、泊原発の防災訓練でCH-47J輸送ヘリを運用 2月4日 | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
北海道開発局 日本語あり
札幌飛行場 - Sapporo Airfield [OKD/RJCO]で撮影された札幌飛行場 - Sapporo Airfield [OKD/RJCO]の航空機写真

Copyright © ここはどこ?さん

陸上自衛隊、泊原発の防災訓練でCH-47J輸送ヘリを運用 2月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:CH-47J イメージ

CH-47J イメージ

北海道庁は2017年2月4日(土)の9時から15時40分まで、北海道泊村の北海道電力泊発電所において、冬季の「原子力防災訓練」を実施すると公表、この中で陸上自衛隊のCH-47J輸送ヘリコプターにより物資緊急輸送訓練を実施する計画です。

訓練は、2月4日(土)の9時から15時40分まで実施され、悪天候の中泊原発3号機で設備故障が発生、原子力災害の事態が進展する想定で実施されます。陸自CH-47Jは共和町の北電臨時ヘリポートで同日14時頃実施され、除雪して間もないヘリポートに輸送ヘリが着陸します。

参加機関は陸上自衛隊のほか、周辺自治体や内閣府、原子力規制委員会、北海道開発局、海上保安庁、北海道警察などが参加します。なお、陸上自衛隊は北部方面隊が参加する予定です。

訓練の詳細など、詳しくは陸上自衛隊のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/02/04
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

国土交通省 北海道開発局の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加