ATI、757-200コンビ導入でUSTRANSCOM向けのDC-8を機材更新 | FlyTeam ニュース

以前、IATAコード「N8」使用

国|コード
アメリカ | ICAO : MUA
ホームページ
National Air Cargo 英語あり
厚木飛行場 - Naval Air Facility Atsugi [NJA/RJTA]で撮影された厚木飛行場 - Naval Air Facility Atsugi [NJA/RJTA]の航空機写真

Copyright © NFファンさん

ATI、757-200コンビ導入でUSTRANSCOM向けのDC-8を機材更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

エア・トランスポート・サービス・グループは、グループ会社のカーゴ・エアクラフト・マネージメント(CAM)向けに757-200コンビを3機、導入すると発表しました。ナショナル・エア・カーゴの保有機をコンビに改修し、導入します。2012年12月に1機目、残る2機は2013年の早い時期に導入する予定です。

カーゴ・エアクラフト・マネージメントは757-200コンビ1機を保有、合計で4機体制となります。これによりDC-8コンビを退役させ、アメリカ輸送軍(USTRANSCOM)の発注に対応します。

757-200コンビはDC-8と比べ、燃費は34%向上、旅客数は10席分を増席できます。なお、この機材はCAMが保有、同じくグループ会社のエア・トランスポート・インターナショナル(ATI)が運航します。

なお、2012年10月に導入した757-200コンビは、ETOPSなどアメリカ連邦航空局(FAA)の認証を待っているところで、2013年初頭にUSTRANSCOM向けのサービスを開始します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

ナショナル・エア・カーゴの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

FlyTeam 搭乗レビュー

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加