一時帰国の帰路便 - フィリピン航空 口コミ・評価

航空会社 フィリピン航空

2022年07月10日に撮影されたフィリピン航空の航空機写真

© シグナス021さん

フィリピン航空は1941年3月15日(土)、ビーチ・エアクラ...
IATA | ICAO
PR | PAL

搭乗レビュー
一時帰国の帰路便

航空会社
フィリピン航空
便名
PR411
ビジネス
搭乗日
2022/05
路線
関西(大阪) → マニラ
機体記号
RP-C9935
機材
Airbus A321-271N
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
4ッ星
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
383
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗手続きカウンターエリアは閑散とし... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    制限エリア内も多くの店が閉まっていて... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗機
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗ゲート
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
  • 写真の種類:座席(シート)
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    安全のしおり
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    前菜
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    メインディッシュ
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    デザート。
    かなり揺れてコーヒーが溢... 続き

総評

2年ぶりの一時帰国を終えての帰路便。
空港には早く着き過ぎてまだチェックインカウンターも空いてなかった。
国際線のフライトはまだ少なく搭乗カウンターフロアーは閑散としていた。

受付開始後早々に手続きを済ませて、空港内をぶらついたが改装中ということでたくさんの店舗が休業中で寂しい限り。

ガラガラの出国カウンターを通過して制限エリアに入っても多くの店が休業していた。ビジネスクラスのラウンジも休業中とのことでカード会社のラウンジで時間を潰し時間前に搭乗口に。

乗客も少なく定刻前にドアクローズ。
機内WIFIサービスが故障中ということで次回搭乗時に使える無料のWIFIクーポンをもらった。
離陸後しばらくは順調にクルーズしていたが九州沖を過ぎたあたりで揺れ始めコーヒーが溢れ出すぐらいの強い揺れがしばらく続いた。

目的地マニラへは定刻より30分ほど早く到着したが20分ほど機内で待機させられバスで空港ターミナルに移動した。
検疫手続きも書類のかくにんだけでスムーズに入国できた。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く