ちょっと変わった出国手続 - カンタス航空 口コミ・評価

航空会社 カンタス航空

香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]で撮影された香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]の航空機写真

© Souma2005さん

IATA | ICAO
QF | QFA
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
ちょっと変わった出国手続

航空会社
カンタス航空
便名
QF050
エコノミー
搭乗日
2009/11
路線
オークランド → シドニー
機体記号
VH-OGA
機材
Boeing 767-338/ER
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
2ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
2ッ星
エンターティメント
2ッ星
トイレ・洗面台
3ッ星
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
167
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    オークランド空港のQFプレミアムチェ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    かなりブレたけどQF50便シドニー行... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
    トランスタズマン路線でB767はラッ... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    何の変化もないアングロサクソンの朝食
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    シドニー空港に到着
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    おまけ カンタスのアボリジニB747

総評

2009年11月の日本往復。まずはオークランドからシドニーまでカンタスで約3時間のフライトです。

【機内食・ドリンク】
午前6時15分発の早朝フライト,当然ながら朝食です。

ソーセージ,タマゴ,焼トマト,ハッシュドポテトなど何の工夫もないメニュー構成。まあアングロサクソンは食事を頻繁に変化させると「疲れる」らしいので,これでいいんでしょう。

【座席(シート)】
この時期はB767だったので隣も空席で快適でした。

トランスタズマン路線はB737やA320など単通路型の使用比率が高く,恒常的に満席気味です。わざと小型機でぎゅうぎゅう詰めにしているのでないかと勘ぐりたくなります。

そのためにB767などが入ってくると「ラッキー」と思ってしまいます。

【機内スタッフ】
カンタスはカンタスであって,それ以上でもそれ以下でもない。

【機材コンディション】
この日は向かい風も弱くて定刻の30分ほど前にシドニー上空まで到達。しかし早朝から大混雑のシドニー空港,いったん北に50キロほど飛んでUターン。まあそれでも定刻の10分早着だったので,良しとしよう。

【空港サービス】
2009年頃のオークランド空港のQFプレミアムカウンターは別室仕様となっていて,チェックインカウンターの隣にイミグレ職員も常駐していました。

チェックイン後,そのまま隣のイミグレのカウンターに赴き,お姉さんに出国手続完了のステッカーを貼ってもらいますが,まだエアサイドの外であり,正式に出国したわけではありません。普通にそのへんのレストランで食事もできます。

その後,イミグレの隅っこにある専用通路でステッカーを見せて即座にスタンプを押してもらい,エアサイドに入ります。

それなりに便利なサービスでしたが,やはり色々と問題もあるのか,しばらくして廃止になり,イミグレにエクスプレスレーンが設置されるようになりました。

【総合評価】
QFがちょっと変わった出国手続をやっていたのは,NZがプレミアムのチェックインカウンターから直接イミグレに行ける専用通路を持っていたので,その対抗措置という感じでした。

いずれにしても出国手続が早く済むのは良いサービスです。日本はさすがに,JALやANA専用のイミグレ職員までは用意してくれないからなあ…

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

カンタス航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く