1年8カ月ぶりの里帰り、ロサンゼルスからマレーシア国ペナン島へ30時間 PEN-SIN-NRT-LAX 復路その1(PEN-SIN) 痛恨のミス! - スクート 口コミ・評価

航空会社 スクート

2022年09月19日に撮影されたスクートの航空機写真

© Cozy Gotoさん

ブランドは「スクート」、正式名称は「スクート・タイガーエア」...
IATA | ICAO
TR | TGW

搭乗レビュー
1年8カ月ぶりの里帰り、ロサンゼルスからマレーシア国ペナン島へ30時間 PEN-SIN-NRT-LAX 復路その1(PEN-SIN) 痛恨のミス!

航空会社
スクート (運航会社:シンガポール航空)
便名
SQ8603
エコノミー
搭乗日
2022/09
路線
ペナン → シンガポール
機体記号
9V-TRV
機材
Airbus A320-232
総評:3
3ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフサービス
4ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
4ッ星
地上サービス
2ッ星
口コミ投稿者
Cimarronさん
アクセス数
249
投稿日
2022/09/22

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    ペナン空港でレンタカー返却
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    スクートのチェックインカウンター
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗待ち
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗開始
  • 写真の種類:座席(シート)
    前席エコノミー席
  • 写真の種類:座席(シート)
    足元はこんな感じ
  • 写真の種類:座席(シート)
    ほぼ満席
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    限定で配布されたスナック袋
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    袋の中身
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    預け荷物を受け取って出発階へ移動です... 続き

総評

10日間の里帰りが済んで現在在住しているロサンゼルスまでの帰路です。

往路は最終目的地まで預け荷物が預けられたので復路も何とかなるかと思っていましたが、SQコードシエア便で運航がスクートなのでシンガポールまでしか預けられないという事態に直面。
しかも一人当たり25kgまで無料でそれ以上は追加料金と言われてしまいました。
復路は預け荷物4個でこれは痛い出費です(涙

仕方が無いので追加料金をカードで支払おうとお願いすると、システムの不具合でカード決済ができないと言われてしまい、マレーシアリンギット$900ほど現金で支払いました・・・・・
もう一便早い時間のSQ運航便にすれば良かったですね。

初っ端からミスってしまいましたが、とりあえず出国して搭乗口A4Aで搭乗を待ちました。
ここでまた問題が、シンガポールで一度入国して預け荷物を受けとって、ANAのカウンターでチェックインしなければなりませんので、急遽SG Arrival Card (SGAC) with Electronic Health Declarationを申請しなければなりません。

手荷物からラップトップPCを引っ張り出して搭乗開始前までに申請フォームを送信してsubmittedのメールを受信して何とかシンガポール入国の準備を完了させました。

シンガポールからの到着便が30分以上遅れてしまったので、折り返しのペナン出発も遅れての出発になりました。

搭乗は後部側と前方側に分けて、後部側からの搭乗になりました。
座席に座って出発を待っていると、CAさんから氏名を尋ねられたので答えるとスナックが入った袋が渡されました。

事前にリクエストした覚えはないのですが、他にも名簿リストの紙を見ながらスナック袋を渡しているのでPPSクラブやクリスフライヤーやスターアライアンスゴールドメンバーに特典として配っているのかもしれませんね。

シンガポールには30分遅れで到着し、入国審査へ進んでパスポートを提示して質問も無く顔写真と指紋をスキャンして無事入国できました。
数時間後にNotification of Electronic Visit Passという件名のメールがDO_NOT_REPLY@ICA.GOV.SGというアドレスから送信されて、無事入国手続きが完了した事が確認できます。

ANAのチェックインカウンターが開くのがAM3:10なのでそれまで近くのベンチで待ってカウンターが開くのを待ちましたが、SQ運航便ならNH便の搭乗券も発券されて、シンガポールへ入国せずトランジットでそのままラウンジでNH便の搭乗開始を待っていられたのかな?と思うと複雑な気持ちでした・・・・

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く