上海航空、羽田/上海線に787-9を投入 上期スケジュールから | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
中国 | IATA : FM | ICAO : CSH
アライアンス
スカイチーム
親会社
中国東方航空
ホームページ
上海航空公司
中部国際空港 - Chubu Centrair International Airport [NGO/RJGG]で撮影された中部国際空港 - Chubu Centrair International Airport [NGO/RJGG]の航空機写真

Copyright © きんめいさん

上海航空、羽田/上海線に787-9を投入 上期スケジュールから

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:上海航空の787-9

上海航空の787-9

上海航空は2019年上期スケジュールの始まりに合わせ、3月31日(日)から羽田/上海線のFM816、FM815便に787-9を投入しました。

787-9は、エコノミークラス227席、プレミアムエコノミー28席、ビジネスクラス26席、プレミアムビジネス4席の計285席が搭載されており、騒音が少なく燃費効率が優れた機材として定評がある機材です。ビジネスクラスとプレミアムビジネスでは、フルフラットシートで、シート幅は55センチから60センチです。

同路線はデイリー運航しており、すべての便で787-9が導入されています。また、この機材導入と同時に、コードシェアを実施する中国東方航空のMU便名がこれまでのMU9816、MU9815便から、MU816、MU815便に変更しています。

上海航空は2018年9月、同社で100機目の記念の機体となる787-9を受領し、これ以来すでに4機を導入しています。

期日: 2019/03/31から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

上海航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加