航空局、共同運航によるビスタラの日本就航を認可 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
シンガポール | IATA : SQ | ICAO : SIA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
クリスフライヤー
ホームページ
Singapore Airlines 英語あり
シンガポール航空 日本語あり
羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

Copyright © RUNWAY23.TADAさん

航空局、共同運航によるビスタラの日本就航を認可

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ビスタラ イメージ

ビスタラ イメージ

国土交通省航空局は2020年2月28日(金)付けで、インドのビスタラの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を認可しました。これにより、ビスタラは日本航空(JAL)やシンガポール航空の既存運航便におけるコードシェアで乗り入れを行います。

3月1日(日)から既にコードシェアを開始しているのは、シンガポール航空によるシンガポール発着の羽田、福岡、名古屋(セントレア)、関西線と、成田経由のロサンゼルス線です。また、シルクエアーのシンガポール/広島線も対象となっています。ビスタラは、デリー、ムンバイ発着でシンガポールに就航しており、これに接続する形で、日本、ロサンゼルスに接続することができます。

また、3月15日(日)からは、JALの成田/デリー線、また成田発着の新千歳、福岡、伊丹、名古屋(セントレア)線、また羽田発着の新千歳、福岡、伊丹、関西、名古屋(セントレア)線にも「UK」便名を付与します。

期日: 2020/03/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

シンガポール航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加