シンガポールとルフトハンザ・グループ、10月から共同事業を開始 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
シンガポール | IATA : SQ | ICAO : SIA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
クリスフライヤー
ホームページ
Singapore Airlines 英語あり
シンガポール航空 日本語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © hiroki-JA8674さん

シンガポールとルフトハンザ・グループ、10月から共同事業を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

シンガポール航空とルフトハンザドイツ航空は2017年9月28日(木)、10月1日(日)から共同事業を開始すると発表しました。

共同事業は、シンガポール航空とルフトハンザドイツ航空に加え、シンガポール航空の子会社のシルクエア、ルフトハンザ・グループのスイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)、オーストリア航空が対象で、各社を利用し、シンガポールとオーストラリア、ドイツ、スイス、オーストリア、ベルギー間が共同事業に参画する各社が提供するさまざまな旅程、運賃など選択肢が豊富、かつ利便性が高まります。

両グループは2015年11月に共同事業契約を締結し、シンガポールとドイツ、スイスの供給座席数を拡大し、2016年7月にはシンガポール航空がシンガポール/デュッセルドルフ線に新規就航、2017年3月にはSWISSがシンガポール/チューリッヒ線の機材を777-300ERに更新、運航しています。さらにルフトハンザは2018年3月から、シンガポール/ミュンヘン線の運航を再開する予定です。

こうした取り組みにより、シンガポール航空、ルフトハンザ、SWISS、オーストリア航空を利用し、既存のスターアライアンスの連携を強化します。両グループの共同事業は、ヨーロッパ、東南アジア、南西太平洋の主要市場間で130都市間を結ぶ航路が提供され、コードシェアも大幅に増加します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

シンガポール航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加