ボーイング、シンガポール航空向け787-10初号機をロールアウト | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
シンガポール | IATA : SQ | ICAO : SIA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
クリスフライヤー
ホームページ
Singapore Airlines 英語あり
シンガポール航空 日本語あり
福岡空港 - Fukuoka Airport [FUK/RJFF]で撮影された福岡空港 - Fukuoka Airport [FUK/RJFF]の航空機写真

Copyright © resocha747さん

ボーイング、シンガポール航空向け787-10初号機をロールアウト

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:最終組立ラインのシンガポール航空 787-10

最終組立ラインのシンガポール航空 787-10

  • ニュース画像 2枚目:シンガポール航空向け787-10がロールアウト

ボーイングは2017年10月3日(火)、ノースチャールストン工場で最終組立を完了したシンガポール航空向け787-10初号機をロールアウトしました。機体記号(レジ)「9V-SCB」として登録される製造/ラインナンバー「60254/622」とみられます。

現在、胴体は白のため、このまま塗装作業が行われ、終了後にシステムの確認、燃料補給とエンジン始動など地上での試験を行ったのち、初飛行をする計画です。シンガポール航空には2018年前半に引き渡しされ、同社の中距離路線に投入される予定です。

シンガポール航空は787-10のローンチカスタマーで、30機を確定発注済みで、2017年2月には追加19機の発注意向書を締結しています。787の効率性を保ちながら、乗客の収容力を最大限に高められた787-10は、シンガポール航空の戦略的な機材となる予定です。

787-9と比べ、787-10は5.5メートル長胴化された機体で、座席あたりの消費燃料は更新する機種と比べると25%の改善が計られます。

ボーイングは2017年3月末に787-10で初飛行して以来、これまでロールスロイスエンジンで2機、GEエンジンで1機、計3機の787-10で試験飛行を実施しています。この試験飛行中に各種項目の確認も順調に進めながら、パリのル・ブルジェでも展示しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

シンガポール航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加