Bombardier CS100 初搭乗 - スイスインターナショナルエアラインズ 口コミ・評価

航空会社 スイスインターナショナルエアラインズ

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© SGR RT 改さん

スイス
IATA | ICAO
LX | SWR
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
Bombardier CS100 初搭乗

航空会社
スイスインターナショナルエアラインズ
便名
LX2258
エコノミー
搭乗日
2016/08
路線
チューリッヒ → ブダペスト
機体記号
HB-JBA
機材
Bombardier BD-500-1A10 CSeries CS100
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
2ッ星
トイレ・洗面台
5ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
502
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:機内からの眺め
    最後部から前方を望む
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    チューリッヒ空港を離陸すると、空港を... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    簡単なサンドイッチとドリンクが提供さ... 続き
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    機内誌にはCS100デビューを伝える... 続き

総評

初機材で初のレビュー投稿です。
CS100に搭乗するため、チューリッヒからブダペストに飛びました。
スイスインターナショナルに世界で初めて導入され、搭乗時点でひと月が経過していましたが、大きなトラブルもなく路線を拡大しているようです。
リージョナル機でありながら、今までのCRJよりも太い胴体、2-3の5列アブレストで全125席と、B737-500などの短胴型に迫る機体の広さはなかなか快適。実際のシートピッチなどもLCCよりは広く、圧迫感は感じられませんでした。

最近の欧州域内線はミールを省略、あるいは有料にしているレガシィキャリアも出てきている中、簡単なサンドイッチですが提供しているのはうれしい限りです。
最新の機内誌にもCS100導入のニュースを伝える記事が掲載されており、期待の大きさが伺えます。

写真はありませんが、後部のトイレが異様に広かったです。車椅子の方もそのまま入れる仕様になっているのではないでしょうか。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く