TACVカーボヴェルデ航空 LIS>RAI 超オンボロ767もCAの機内サービスは◎ - TACVカーボ・ベルデ・エアラインズ 口コミ・評価

航空会社 TACVカーボ・ベルデ・エアラインズ

2018年09月04日に撮影されたTACVカーボ・ベルデ・エアラインズの航空機写真

© ぼんやりしまちゃんさん

1958年設立
IATA | ICAO
VR | TCV

搭乗レビュー
TACVカーボヴェルデ航空 LIS>RAI 超オンボロ767もCAの機内サービスは◎

航空会社
TACVカーボ・ベルデ・エアラインズ
便名
VR0607
エコノミー
搭乗日
2018/11
路線
リスボン → プライア
機体記号
JY-JAL
機材
Boeing 767-204/ER
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
2ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
1ッ星
トイレ・洗面台
3ッ星
機材コンディション
1ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
579
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    TACVカーボヴェルデ航空のチェック... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    一部の航空会社はセルフチェックイン機... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    シェンゲン圏外へのフライトはNゲート... 続き
  • 写真の種類:機内ラウンジ
    シェンゲン圏内の搭乗フロア。出国審査... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗予定の機体。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    搭乗ゲート。
  • 写真の種類:座席(シート)
    幅の狭い座席でした。
  • 写真の種類:座席(シート)
    エコノミークラスのシート。
  • 写真の種類:座席(シート)
    ビジネスクラスのシート。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    自分の席はバルクヘッド席でしたが、内... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    CAの対応は丁寧で良かったと思います... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    メインの選択はありませんでした。
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    食後は2回ドリンクを配っていました。
  • 写真の種類:座席(シート)
    機内の様子。収納棚の形状などは時代を... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
    後方はガラ空きでした。
  • 写真の種類:トイレ・化粧台
    トイレは普通の状態でした。
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    安全のしおり。リース元のヨルダン・ア... 続き
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ
    Air Sickness Bag は... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    到着しました。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    降機します。

総評

11月から12月にかけて、マカロネシアの幾つかの島を回ってきましたが、最初にリスボンからカーボヴェルデのプライアに向かいました。ポルトガルの旧植民地ということもあり、TAPポルトガル航空も選択肢にありましたが、後で搭乗する機会があること、安かったこと、何よりそうそう搭乗する機会もない航空会社ということで、TACVカーボヴェルデ航空を利用することにしました。

航空券は片道で購入したため、チェックインでは出国手段云々聞かれるかと思いましたが、そのようなこともなくあっさりと搭乗券を受け取って終了。免税店でいくつか必要な買い物をした後、シェンゲン圏外への出国審査を受けて搭乗ゲートへ向かいました。

機材は767-200ERでしたが、搭乗してみると機内の内装のあまりの古さと小汚さに唖然としてしまいました。一気に80年代にタイムスリップした気分です。さらに座席は標準の2-3-2ではなく2-4-2の8列仕様。機内の後方はガラ空きで乗客は前方の席に集められており、全体では3〜4割程度しか埋まっていない印象でした。

プッシュバック開始はほぼ定刻通りでしたが、その最中に機材の不具合が見つかったとかで直ぐにスポットへ逆戻り。大丈夫かと思いながら待っていましたが、最終的に定刻より50分余り遅れて出発。今度は無事に離陸していきました。

離陸して一時間程で機内食が配られ、食事後はモニターや機内誌等のエンタメ類が一切なかったため、読書をしながら過ごしました。途中やや揺れる時間帯はあったものの飛行は順調で、4時間程の飛行の後、プライア国際空港へは55分遅れで到着。夜遅い時間帯でしたが、イミグレーションを抜けた後の両替屋も開いており、必要な通貨も手に入れて無事に空港を離れることが出来ました。

【機内食・ドリンク】
機内食のメインは一種類のみで選択枝はありませんでしたが、他はサラダとデザートが付いた一般的な中身でした。味は可もなく不可もなくといったところ。食後は到着まで2回ドリンクタイムがありました。

【座席(シート)】
座席だけは改装された形跡がありましたが、それでも古さは否めません。エコノミーは2-4-2の配列だったので座席は小さめで、少し窮屈な印象でした。しかし一番驚きだったのはビジネスクラスとエコノミークラスの境目に仕切りが一切なかったことです。エコノミー席からビジネス席が丸見えでプライベート感がゼロなのは如何なものかと思います。

【機内スタッフ】
機材はオンボロでしたが、CAの対応は良かったです。不具合の確認待ちの際はドリンクを配って回り、手が空いている時は乗客と笑顔で雑談に応じる余裕もありました。全体的に乗客の様子にはよく気を配っている印象でした。

【エンターティメント】
一切ありません。モニターはともかく機内誌もないので、寝ないのであれば暇つぶしの道具の持参は必須です。

【トイレ・洗面台】
掃除はされているようで、普通に使用できました。

【機材コンディション】
一番の問題ですが、内装は小汚く清潔感がありませんでした。さらに頭上の読書灯も点かず、その所為か離着陸時以外は消灯していませんでした。但し、後で調べてみると、今回搭乗した機材はヨルダン・アビエーションからの短期リースの機材(機齢30年)で、機体の塗装と安全のしおりもヨルダン・アビエーションのまま。この路線は12月からはアイスランド航空の機材(757-200)に変わっていたので、コンディションの悪い機体に当たったのはたまたま運が悪かっただけかもしれません。もっとも757の方も年季は入ってますが…

【空港サービス】
チェックインはスムーズでした。到着空港も大きくはありませんが清潔な建物でした。日本人はビザが必要ですが、イミグレで25ユーロ支払って取得できます。

【総合評価】
アイスランド航空の経営支援を受けており、古いリース機材でやりくりしている関係上、機材のコンディションが悪いのは仕方がないのかもしれません。アフリカの航空会社ということで期待はしていませんでしたが、機内サービスは悪くなかったので(ウェットリースだとあまり関係ないかもしれませんが)、せめてソフト面では頑張って欲しいところです。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号
16F
搭乗クラス
エコノミー
出発予定時刻
19:20
搭乗時刻
18:51
出発時刻
20:12
到着予定時刻
22:20
到着時刻
23:15
予定飛行時間
4時間0分
出発空港 天気・気温
出発ゲート・スポット
N41
離陸時刻
20:28
到着空港 天気・気温
到着ゲート・スポット
オープンスポット
着陸時刻
23:11

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く