'17冬、豪州遠征その1。メルボルンへの道は遠かった・・・ - タイ国際航空 クチコミ

メンバー評価
国|コード
タイ | IATA : TG | ICAO : THA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
ロイヤルオーキッドプラス
ホームページ
タイ国際航空 日本語あり
Thai Airways International 英語あり
関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]で撮影された関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]の航空機写真

Copyright © toyoquitoさん

'17冬、豪州遠征その1。メルボルンへの道は遠かった・・・

航空会社:
タイ国際航空
便名:
TG465
エコノミー
搭乗日:
2017/12
路線:
バンコク → タラマリン(メルボルン)
機体記号:
HS-THC
機材:
Airbus A350-941XWB
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
4ッ星
トイレ・洗面台
4ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:343 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 チェックインはプレミアムレーンでサクッと。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 時間がおしてしまいましたが、ラウンジにもちょ... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 搭乗はC6ゲートから。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 しかし、まさかのバス移動!
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 搭乗機はA350-900、HS-THC。この... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) 今回のお席です。
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ いよいよ離陸です。このモニターの映像、カッコ... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 離陸後、右旋回をしてからスワナプーム空港を臨... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク ドリンクサービスではいつも通りのソーダー水。
  • 写真の種類:座席(シート) 機内の搭乗率は9割ほどでした。
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 1回目の機内食はチキン・グリーンカレーをチョ... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 2回目の機内食は選択の余地なくオムレツセット... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 雨が降るメルボルン空港に着陸。
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 無事、スポットイン。

総評

今年も昨年同様、オーストラリア遠征を敢行してきました。今回はバンコク〜メルボルン間のレビューです。

当日はリエントリー・パーミットを取らなければならなかったので、早めに空港に行きました。チェックインはサクッと終わったものの、イミグレーションでの手続きに時間がかかり、しかも出国審査もかなりの列だったので、結構時間が押してしまいました。

それでも、出国前にちょこっとラウンジにより、今回はちょっとばかり事情があって、ラウンジで水筒に水を入れてもらいました。

しかし、搭乗直前のゲート前での荷物検査で水筒の水が敢えなく却下され、その場で水を捨てていくハメになりました。

くぅ〜、何か今回は色々と厳しいなぁ〜。

で、搭乗はC6ゲートからだったのですが、何とPBBから階段を降ろされてまさかのバス移動! スワナプームは一般スポットでもたまにこういうことやるので困ります。

そして、バスに乗ってたどり着いた搭乗機はA350-900、HS-THCで、くしくも夏の遠征の最終ポーションで乗って来たのと同じ機材でした。
詳しくはこちらをどうぞ。https://flyteam.jp/airline/thai-airways-international/review/35749

バス搭乗になったおかげで出発が30分ほど遅れて、プッシュバックが始まり、01Lから離陸して行きました。

ベルト着用サインが消えるとドリンクサービスからの1回目の機内食。今回はチキン・グリーンカレーを頂きました。辛さ控えめでしたがなかなか美味しかったです。

その後は次の機内食までぐっすりと眠り、到着1時間45分前くらいからは2回目の機内食。これは朝食設定で選択の余地なくオムレツ・セットでした。

そして、その後は小刻みな揺れが続く中、雲の中を突き抜けてメルボルン空港へファイナルアプローチ。定刻よりも40分ほど遅れてR/W16にランディング。その後、D9ゲートにスポットインしました。

こして、初めてメルボルンに降り立ったのですが、この後の入国審査がとにかく厳しかったっ!

ことの顛末はブログの方に書いておきました。この年末にオーストラリアに行かれる方にとっては参考になると思いますので、「傾向と対策」としてお読み頂ければ幸いです。

https://blogs.yahoo.co.jp/siam_micky/66329773.html

コメント

HB-JMBさん 投稿:2017/12/08 23:07:31

 まいける様

 HB-JMBでございます。

 以下のリンク拝見しました。

 https://blogs.yahoo.co.jp/siam_micky/66329773.html

 メルボルンでこれだけ質問されるとは驚きです。というのはシドニーとメルボルン両方に住んだことのある友人(日本人ではありませんが・・・)曰く、シドニーの入国審査はかなり厳しいが、メルボルンでは(その地域の人の気質もあり)、シドニーよりはそれなりにゆるいという話でしたので。

 もっとも、私がシドニーの入国審査受けたのは2013年5月(このときはQF利用)で、メルボルンは2015年1月(このときはSQ利用)で、話を聞いたのは2015年1月なのでそれからもう2年半もたっているので、事情は変わっている可能性は考えられるため、私が聞いた話の方があてにならない可能性はありますが・・・。

 余談で恐縮ですが・・・。HB-JMB

まいけるさん 投稿:2017/12/08 23:31:03

HB-JMBさん。
コメントありがとうございます。
私もこれほど質問と検査を受けたのは初めてでした。ここ何年かは12月にオーストラリアに行くことが習慣化していますが、入国審査は年々厳しくなっているような気がします。

逆に日本がいかに平和かということを実感させられました。

現在はテロの懸念のある国々はこうした検査や審査がスタンダードになっているのでしょうね。

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

タイ国際航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加