タイ国内線ジャンボ! タイ国際航空 B747-400 バンコク>プーケット - タイ国際航空 口コミ・評価

航空会社 タイ国際航空

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© Souma2005さん

タイ
IATA | ICAO
TG | THA
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
タイ国内線ジャンボ! タイ国際航空 B747-400 バンコク>プーケット

航空会社
タイ国際航空
便名
TG203
エコノミー
搭乗日
2020/01
路線
スワンナプーム(バンコク) → プーケット
機体記号
HS-TGP
機材
Boeing 747-4D7
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
4ッ星
トイレ・洗面台
4ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
966
投稿日

搭乗写真

総評

バンコク(スワンナプーム)からプーケットまで、タイ国際航空の国内線を利用しました。

この路線は、定期的にB747-400ジャンボ機が投入されています。この日は、朝2往復と夕方2往復が、B744でした。

定刻8時30分のフライトです。利用者の多くは、早朝に国際線で海外からバンコクに到着した外国人のようです。日本人も多くいました。

定刻より若干遅れて搭乗開始となりました。ほぼ満席の機内は、搭乗にも時間がかかります。飛行機は定刻より30分程度遅れて、離陸しました。離陸後に軽食(ホットサンド)のサービスがあります。

B747-400を運航する航空会社も少なくなっており、新しい機材に比べれば居住性も見劣りするかもしれませんが、4発エンジンを持つその機体の大きさや機内空間の広さは、乗っていても安心感があります。そして何より飛行機らしさ感じさせてくれます。

約1時間のフライトで、飛行機は高度を下げ、プーケットに向けて高度を下げます。乾季の季節は、海側からの進入となることが多く、アジアのセントマーチンとも言われるナイヤンビーチを眼下に眺めながら、プーケット国際空港に到着します。

プーケット国際空港は、特に年末年始は主にヨーロッパ・ロシアから大型の臨時便が多く飛来するため、駐機場も珍しい機体が並んでいました。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

タイ国際航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く