タイ国内線ジャンボ! タイ国際航空 B747-400 プーケット>バンコク - タイ国際航空 口コミ・評価

航空会社 タイ国際航空

成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

© qooさん

タイ
IATA | ICAO
TG | THA
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
タイ国内線ジャンボ! タイ国際航空 B747-400 プーケット>バンコク

航空会社
タイ国際航空
便名
TG204
エコノミー
搭乗日
2020/01
路線
プーケット → スワンナプーム(バンコク)
機体記号
HS-TGB
機材
Boeing 747-4D7
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
3ッ星
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
216
投稿日

搭乗写真

総評

プーケットからバンコクへの復路も、タイ国際航空のB747-400ジャンボ機便を利用しました。

搭乗便は定刻10時25分発のTG204便です。バンコクを8時30分に出発するTG203便の折返しです。

到着便は若干遅れて到着したため、定刻より10分程度遅れて搭乗開始です。往路と同じく、バンコクで国際線に乗り継ぐ外国人が多く、年末年始をプーケットで過ごした日本人の方も多くいるようでした。

駐機場には、ヨーロッパから飛来した大型機が並んでいます。定刻より少し出発です。離陸後、食事のサービスがありました。往路と同じホットサンドですが、国内線でも温かい食事が提供されるのはありがたいです。

約1時間のフライトでスワンナプームに向けて高度を下げます。この日は、着陸機が重なったようで、一度空港の横を通り過ぎてから180度戻り、再び空港の横を通り過ぎてから、再度180度旋回して着陸となりました。

定刻より30分程度遅れての到着となりましたが、途中の天気も良くとても快適なフライトでした。

その後、コロナの影響もあり、世界の多くの航空会社で、B747-400の引退が決まってしまいました。タイ国際航空のジャンボ機に再び乗れる日が来ることを切に願っています。

総合評価は、B747-400に対する思いれも込みで評価しています。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

タイ国際航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く