トランスアジア航空、解散へ 日本時間15時から記者会見 | FlyTeam ニュース

トランスアジア航空は、現在運行されていません。
運行していた当時の情報です。

2016年11月22日に全便欠航、11月23日から全便の運航停止。漢字は「復興航空」、日本国内では「トランスアジア航空」のカタカナ表記を使用

国|コード
台湾 | IATA : GE | ICAO : TNA
ホームページ
復興航空 英語あり
復興航空 日本語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © プルシアンブルーさん

トランスアジア航空、解散へ 日本時間15時から記者会見

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

台湾のトランスアジア航空(復興航空)は、2016年11月22日(火)、台北市内で臨時取締役会を開催、同社の解散を決めた模様です。中時電子報が報道しています。同社は11月21日(月)、日本路線の運休と同社全路線の運休を発表、11月23日(水)以降の運航も改めて発表するとしていました。同社は日本時間で15時、現地14時に記者会見を行い、発表する予定です。

トランスアジア航空は1951年、台湾では初めてとなる民間航空会社として設立され、日本には地方空港へチャーター便を運航するなどで知られていましたが、オープンスカイ協定を追い風に日本路線で定期便を就航しています。

また、格安航空会社(LCC)のVエアを設立とあわせ、機材発注も積極的に進めていましたが、2014年と2015年の墜落事故を契機に、財務状況が悪化していると見られていました。同社はこうした状況への対応として、A330を退役させるなどの対応もとっていました。

なお、トランスアジア航空は日本への定期便で、台北発着で成田、新千歳、関西、仙台、旭川、函館線などを就航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

トランスアジア航空の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加