横田基地の米空軍36AS、フィリピンで24時間作戦を開始 | FlyTeam ニュース

岩国空港 - Marine Corps Air Station Iwakuni [IWK/RJOI]で撮影された岩国空港 - Marine Corps Air Station Iwakuni [IWK/RJOI]の航空機写真

Copyright © いおりさん

横田基地の米空軍36AS、フィリピンで24時間作戦を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ空軍は、2013年11月18日夜から、フィリピンへ派遣されている横田基地のC-130H部隊、第36空輸飛行隊(36AS)が、24時間作戦を開始したと発表しました。

36ASの5組のクルーは、マニラからタクロバンへ1回の飛行で約4,2000ポンド以上の救援物資を運び、帰路には約120人の避難民を運んでいます。

現在、マニラ近郊のクラーク飛行場にはアメリカ空軍のC-130HハーキュリーズとMC-130タロンや、海軍のP-3Cオライオン、海兵隊のMV-22BオスプレイとKC-130Jなど、多数のアメリカ軍機が活動しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

アメリカ海兵隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加