F-35C、艦上試験第3フェーズを開始 | FlyTeam ニュース

岩国空港 - Marine Corps Air Station Iwakuni [IWK/RJOI]で撮影された岩国空港 - Marine Corps Air Station Iwakuni [IWK/RJOI]の航空機写真

Copyright © totsu19さん

F-35C、艦上試験第3フェーズを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:艦上のF-35CライトニングII、DT-II時のCVN-69で

艦上のF-35CライトニングII、DT-II時のCVN-69で

アメリカ海軍はF-35CライトニングIIで、空母着艦資格取得訓練(Carrier Qualification:CQ)の艦上開発試験第3フェーズ(DT-III)を実施します。「SEAPOWER Magazine」がアメリカ海軍広報官による情報として、2016年8月2日(火)付けで伝えています。

DT-IIIは空母USSジョージ・ワシントン(CVN-73)で実施、8月3日(水)にはF-35Cが着艦します。昼夜の着艦試験を行い、さまざまな環境での操縦性、デルタ・フライト・パス、高精度自動着陸技術を採用する統合精密アプローチ・着艦システム(JPALS)などの試験が行われます。

F-35Cの艦上開発試験は、2014年11月に第1フェーズ(DT-I)が空母USSニミッツ(CVN-68)で、2015年10月に第2フェーズ(DT-II)が空母USSドワイトD.アイゼンハワー(CVN-69)で、それぞれ実施されてきました。F-35Cは2018年にIOCを獲得する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

アメリカ海軍の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加