夜行便でしたのでゆっくり座れるようにビジネスクラスを予約しました。Galaxy Classと呼ぶ広めの座席をウリにしたので楽しみでした。しかし期待は大きくハズレました。 ビジネスは満席。周りを見るとコートジボワールのお役人ばかりでフランスへ出張に行くいでたちの人ばかり。 機内では英語が全く通用せず、クルーにも無視されてしまう状態でした。それが原動力となり、少なくとも機内でしゃべるフランス語は勉強しておこうと思った次第です。 - UTA 搭乗写真・画像

航空会社 UTA

1987年07月29日に撮影されたUTAの航空機写真

© tassさん

現在運航されていません。運航していた当時の情報です。
IATA | ICAO
UT | UTA

搭乗レビュー
UTA DC10-30でコートジボワールからパリへ 2年後テロに遭遇し爆破された機体

航空会社
UTA
便名
ビジネス
搭乗日
1987/12
路線
アビジャン → シャルル・ド・ゴール(パリ)
機体記号
N54629
機材
McDonnell Douglas DC-10-30
総評:3
3ッ星
口コミ投稿者
twinengineさん
投稿日
2021/02/06

搭乗写真:搭乗時の写真一般

写真の種類:搭乗時の写真一般
夜行便でしたのでゆっくり座れるようにビジネスクラスを予約しました。Galaxy Classと呼ぶ広めの座席をウリにしたので楽しみでした。しかし期待は大きくハズレました。
ビジネスは満席。周りを見るとコートジボワールのお役人ばかりでフランスへ出張に行くいでたちの人ばかり。
機内では英語が全く通用せず、クルーにも無視されてしまう状態でした。それが原動力となり、少なくとも機内でしゃべるフランス語は勉強しておこうと思った次第です。
アクセス数:70

この搭乗レビューの写真一覧

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般

総評

日本にも長い間就航していたUTAですが、活躍の場はフランスから旧植民地へ飛ぶ路線でした。コートジボワール(象牙海岸)のアビジャンからマルセイユを経由してパリ・シャルルドゴールへ飛ぶ夜行のフライトです。
あの時代機体デザインは斬新で、ドアをすべてグリーンで塗りつぶすというのはさすがフランスの会社だと感... 続きを見る

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

みんなの機内食!

FlyTeamメンバーからの搭乗レビュー 機内食の写真一覧です!

Recommend おすすめコンテンツ

メニューを開く