エアバス、ブエリング航空に座席数を増加させた初のA320を引き渡し | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
スペイン | IATA : VY | ICAO : VLG
親会社
イベリア航空
ホームページ
vueling 英語あり
バルセロナ空港 - Barcelona Airport [BCN/LEBL]で撮影されたバルセロナ空港 - Barcelona Airport [BCN/LEBL]の航空機写真

Copyright © pringlesさん

エアバス、ブエリング航空に座席数を増加させた初のA320を引き渡し

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:186席装備のA320 ブエリング航空に初めてデリバリー

186席装備のA320 ブエリング航空に初めてデリバリー

  • ニュース画像 2枚目:「Space-Flex」のトイレを装備
  • ニュース画像 3枚目:ブエリング航空A320。座席数を増加させたものの外見は変わらず
  • ニュース画像 4枚目:ブエリング航空A320「EC-MEQ」

エアバスは2015年3月16日、スペインの格安航空会社(LCC)、ブエリング航空に座席数を増加させた初めてのA320を引き渡したと発表しました。これは機体記号(レジ)「EC-MEQ」で、通常のA320は180席のところ、この機材は186席と6席が追加されています。

エアバスのスペース・フレックス・モジュールを装備し、機体後部に追加シートを導入する空間を生み出し、座席数を増やすことを可能としたものです。シートは座席幅18インチ、およそ45.72センチメートルの幅の広いものが装備されています。

この機材には「Space-Flex PRM」の新たなトイレ、ギャレーを装備し、A320ファミリーの客室が広く確保されるタイプです。「Space-Flex」のトイレを「Space-Flex PRM」に変更することで、簡単に広さを確保することができます。

ブエリング航空のA320現行機(ceo)は、シャークレット、IAEエンジンを装備しており、2013年8月にA320ceoを30機、A320neoを32機発注したものの1機です。同社は現在、A320ファミリーを90機超保有しており、スペイン国内線、ヨーロッパ路線、北アフリカや中東路線に投入しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

ブエリング航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加