大韓航空、12月以降発券分の日本発韓国行き燃油サーチャージは据え置き | FlyTeam ニュース

小松 - 仁川(ソウル)

小松空港

小松空港

情報 : 路線一覧 | 時刻表
都市 : 石川 [日本]
コード : KMQ / RJNK
小松空港

仁川国際空港

情報 : 路線一覧 | 時刻表
都市 : ソウル [韓国]
コード : ICN / RKSI

大韓航空、12月以降発券分の日本発韓国行き燃油サーチャージは据え置き

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:大韓航空 イメージ

大韓航空 イメージ

大韓航空は、2019年12月1日(日)から2020年1月31日(金)発券分の燃油サーチャージを発表しました。日本/韓国間の12月以降の燃油サーチャージ額は、11月末までの徴収額と同額を継続し、片道800円となります。

このほか、最終目的地が中国、香港、台湾、モンゴル、ウラジオストクの場合は2,500円、グアム、フィリピン、パラオ、ベトナム、イルクーツクの場合は3,000円、その他の東南アジアの場合は4,500円です。また、成田/ホノルル線直行便を含む日本発のホノルル行きは6,000円、南アジア亜大陸、ウズベキスタン、アジア内CIS行きは6,000円、北米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南西太平洋の場合は10,500円となります。

大韓航空は、2カ月単位で徴収金額を見直し、基準油価の2カ月間の取引日平均価格が1バレルあたり6,000円以上の場合に、日本発旅程で燃油特別付加運賃を徴収します。

期日: 2019/12/01 〜 2020/01/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

小松空港のホテル予約

以下の各旅行会社の小松空港のホテル一覧を見ることができます!空港周辺のホテルがすぐに探せます!

仁川国際空港のホテル予約

以下の各旅行会社の仁川国際空港のホテル一覧を見ることができます!空港周辺のホテルがすぐに探せます!


このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加