香港国際空港 周辺地図・撮影地情報 4/61ページ

空港 香港国際空港

香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]で撮影された香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]の航空機写真(フォト・画像)

© LEGACY-747さん

1998年7月6日に開港。1997年7月の香港返還までの開港...
都市
香港
コード
IATA : HKG | ICAO : VHHH

香港国際空港 周辺地図

香港国際空港の周辺地図です。 全604件の撮影地情報が投稿されています。
現在、4/61ページを表示しています。
31件~40件(全 604 件)
  • S1バス停留所の建物
    左のエレベーターで最上階へ

  • RWY07R使用時、離陸機を午後順光で撮影可。大型機なら200mm、小型機なら300~400mm程必要。

  • スカイデッキがデモの影響で閉鎖されていたため、入口脇のガラス越しに撮影。ガラスには色付きで、午後順光。

  • 香港国際空港、ターミナルに直結のホテルで、部屋によっては部屋から空港、離着陸する機体を眺めることができるホテルです。

  • 香港国際空港、東風運用(RWY07L/R)時に、主にRWY07L着陸機を眺めることができるスポット。空港島西寄りの整備地区へ行く外周路(南環路)の終点手前の路上。歩道、草地が広いので安心して撮影できる。
    日中はRWY07L(North Runway)着陸機が順光でメイン。貨物機を中心にたまにRWY07R(South Runway)へ降りる機体もある。RWY07R離陸機はフェンスのため撮影は不向き。
    アクセスは空港島手前のMTR東涌(Tung Chung)駅のバスターミナルから、S52系統「飛機維修區(Maintenance Area)」行き路線バス(日中20分間隔運行)で、約15分、HKD$4.0(約60円)、終点の飛機維修區まで。地図上風船の場所まで3分分ほど歩いて戻る。バスで来た道を延々と歩いて戻れば、RWY07Rのエンド部まで行ける。途中最寄りのバス停はなし。スポット周辺に、コンビニ、自販機、トイレはないので、バスに乗る前に済ませる。
    空港ターミナルから直接行くバスはなく、その場合はタクシーを使う。スポット周辺に流しはない。東涌駅まで、空港からは路線バスS1系統(循環路線)でアクセス可。香港街中からは、MTR東涌線で来れる。

  • 香港国際空港のSkyDeckは、本空港では最も気軽にヒコーキを眺められるスポットでしょう。
    アクセス方法は、Terminal 2のLevel 6 (感覚的には3階?)、Aviation Discovery Centre内にあります。隣の映画館UA iMAXを目指して行くとわかりやすいでしょう。
    施設に入ったら、つきあたりのカウンターにて入場料を払います。料金はHK$15 (およそ200円)、香港のICカードOCTOPUS(八達通)でも支払い可。館内は、ちょっとした旅客機の博物館になっているのであわせてお楽しみください。デッキは建物の屋上に設けられているので、館内奥の直通エレベータにて上がります。
    デッキからは西南西方角に香港国際空港を一望でき、右にRunway 25R/07L (North runway)、左の少し遠くにRunway 25L/07R (South runway)を眺めることができる。ここからはNorth runway 25Rへの着陸機を狙うベストポジション。緯度が低いゆえ、夏場は太陽がon topになり、機体側面が暗くなりがち。また、屋根もなく炎天下となるので、帽子、日焼け止めはもちろん、長時間いる場合は事前に売店等で水分を買って持参することは必須。トイレは屋上デッキにはないので、エレベータで階下に戻って展示館内のものを使う。
    地元のヒコーキファンも多く、世界各国からの旅人ファンも多く訪れているので、気さくに話しかけたり情報交換している姿も見受けられ、雰囲気はとてもよいと感じる。
    滑走路の運用は、概してNorth runway (25R/07L)を着陸に、South runway (25L/07R)を離陸に使用していることが多く見受けられるが、合間などで逆もあるので期待できる。

31件~40件(全 604 件)
メニューを開く